理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム 給料 転職・働き方

理学療法士・作業療法士は副業でどれくらい稼げるの?

投稿日:

セラピストとして働きながら収入を上げていくために

副業をはじめる人が増えて来ています。

 

その中でも比較的始めやすい3つの方法についてお伝えします。

 

副業解禁はリハビリテーション業界にも

理学療法士・作業療法士の中には

もっと稼ぎたい!

と思う人も多いはず。

 

ただ、医療従事者が受け取れる給与は、

国が定めた診療報酬が土台になっています。

算定単位の上限も決まっており、

自分がどれだけ「働きたい!」と思ってもそれは「できない」のです。

 

なので、理学療法士・作業療法士の仕事一本で

大幅な収入UPを目指すのは難しいのが現状です。

 

年々、診療報酬が削減されている現在では、

新卒~中堅セラピストはもちろんですが、

ベテランセラピストでも、

500万円以上の収入を得るのが難しい時代

となってきています。

引用記事:「理学療法士・作業療法士|年収1000万の収入を稼ぐことは可能なのか?

 

政府は、2018年の1月から働き方改革の一環として、

「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」

の規定を削除しました。

つまり「副業解禁」です。

 

最近は理学療法士・作業療法士の間でも

副業ブームが起きていると言っても過言ではありません。

 

 

ただ、副業が推進されているのは大手企業が多く、

中小企業にはまだまだその波は行き届いていないことが多いです。

中小企業庁の調査では、

中小企業の85%が未だに副業を禁止しています。

 

医療職種においても、まだまだ副業禁止の病院は多いです。

 

平成30年1月に、厚生労働省が作成した「副業・兼業の促進に関するガイドライン」では、

サラリーマンが副業することを促していますが、副業が可能かどうかの判断は、それぞれの会社の就業規則に委ねられています。

そのため、就業規則に違反しないように、副業が禁止されていないか確認してみましょう。

参考:厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン」

引用記事:「理学療法士・作業療法士が副業する3つの方法とは?

 

 

セラピストとしてアルバイトをする

リハビリテーション職種の副業として最もポピュラーなのが

訪問分野などで休みの日にバイトとして働くことです。

 

だいたい時給1500~3000円・1件当たり3000~5000円と幅があり、

支払い基準も事業所によってかなり違ってきます。

 

給与面だけで考えれば、

病院や介護施設で働くよりも高収入が期待できるところです。

 

しかし、給与が高い分、

・制服は自分で用意する

・血圧計や訪問用のカバンなども自分で用意する。

・無理はスケジューリングを組まれてお昼が食べられない

なんてところもあるそうです。

 

単に給与面だけに飛びつかず、

色んな待遇を加味して考えることが大切です。

 

 

ブログ・アフェリエイトで稼ぐ

アフェリエイトによる収入は、

ブログなどに載せた広告をクリックしたり、紹介した商品を購入してもうことで報酬を得る、

という方法です。

 

記事を書くならパソコン1台あればだれでもできますし、

比較的始めやすい副業と言えます。

 

PT・OTとしての知識を活かした記事を書く人もいれば、

全く別ジャンルのブログを運営している人もいます。

 

ただ、実際に収入を得られるようになるには

ある程度の記事を書き溜めたり、

商品を購入してもらえるような記事の文章力を磨いていく必要があります。

 

長く続けていれば、月10万近くの収益を得ている人もいます。

コツコツ継続が必要な副業でもありますね。

 

関連記事:「理学療法士・作業療法士|副業のブログやアフィリエイトで簡単・楽に稼げるの?

 

 

 

趣味を仕事にする

理学療法士・作業療法士の仕事とは

全く関係のない分野で活躍の場を広げる人もいます。

 

趣味を長く続けていると、

プロに負けないくらいの知識や技術を身に着けている人がいます。

 

その知識を活かして休日に教室を開いたり、

別資格を取って、

空き時間に別分野の仕事をする、というパターンもあります。

 

趣味が高じて、

という形になるので、

収入を求めるよりも娯楽的要素が強いかもしれませんね。

 

職種によって収入が大きく異なってくる方法でもあるので、

工夫してみると大きく稼げる可能性もありますよ。

 

 

副業するなら確定申告は忘れずに

副業や兼業をする上で忘れてはならないのが、

確定申告です。

原則として20万円を超える本業以外の所得がある場合には、

全ての人が税務署に確定申告をしなければなりません。

もし2か所以上の職場で「給与」を受け取っている場合も、

確定申告をする必要があります。

 

もし、確定申告をしなかったり、過少申告したりした場合には、

後々に余計に税金を支払うことになります。

 

確定申告は国民の義務ですので、

副業をする場合は忘れずに行いましょう。

 

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

#理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #リハビリ #就職 #転職

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム, 給料, 転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.