理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

説明下手な理学療法士・作業療法士必見!わかりやすい説明ができるようになるコツ

投稿日:2020年2月7日 更新日:

医療従事者である理学療法士・作業療法士に求められるスキルとは何でしょうか?

治療技術?

知識?

いいえ、違います。

 

忘れてはいけないスキルは

「説明をする力」です。

 

 

リハビリテーション職種が説明スキルを身に着けることで得られるメリット

理学療法士・作業療法士の職業柄、

説明をする場面にあらゆるタイミングで出くわすと思います。

その相手も

患者さん

ご家族

他職種

外部業者

など様々です。

 

わかりやすい説明をして、

相手に理解してもらえれば、

同じ方向性に向かって進みやすくなります。

 

くどくどと説明をする手間も省けますし、

誤解を与えてしまうリスクも減らせます。

リハビリもスムーズに進みますし

患者さんや他職種との信頼関係の構築にもつながります。

 

逆に、うまく説明が伝わらなかったらどうでしょう?

 

私達リハビリテーション職種は

特に「専門用語」を使いたがります。

患者さん相手にちんぷんかんぷんな言葉を並べても

相手の頭には「?」の文字が浮かぶだけ。

どんなに大切な情報を伝えても

ポイントとなる指導をしたとしても

届かなかったら、それは相手にとって“ない”ものなのです。

 

説明力というのはそれくらい大事な力なのです。

 

相手にわかりやすく説明するには、

ちょっとしたコツが必要です。

何かを説明する時、

相手はセラピストでも医療職種でもないことがあります。

自分の専門分野以外の人に伝わるように、

わかりやすく説明することが求められます。

 

わかりやすい説明とはそもそもどういうものなのか?

「わかりやすく説明するには、

自分がどう説明したいかではなく、

相手がどう受け取るかを

考えることから始めないといけない」

と言われています。

 

このとき、必要になるスキルが

「難しいことをわかりやすく伝える説明」

です。

ここでいう“難しい”というのは、

世間一般に言われているような高度な学問分野のことだけではありません。

好きなアニメやドラマ、スポーツなどを含めて、

あなたが詳しいことを全般に“難しい”と表現します。

「えっ、オレの好きなバンド、コピーして弾くの難しくもなんともないんだけど?」

「私が趣味でやってるロッククライミングの楽しさだって、やればすぐわかるんだけど」

そう思う方もいるかと思います。

ただ、それはすでに理解できている人にとっては

“やさしい”ことなのでしょうが、

相手にとっては未知のことで“難しい”

と感じてしまうのです。

つまり、相手との知識や理解度にギャップがあるとき、

その格差に対して相手は“難しい”と感じるのです。

(出所)『東大院生が開発! 頭のいい説明は型で決まる』(PHP研究所)

 

セラピストならわかりやすい説明の「型」を知っておきましょう

ステップを刻む

最も価値のある説明というのは、

相手にとっての難しい内容をわかりやすく伝えることです。

難易度の高い内容を

相手のわかるレベルに落とし込んで理解させることが

最も価値の高い説明になるのです。

 

自分と相手の知識や理解度にギャップがある時、

意識したいのが

“理解の階段”というものです。

 

知識や理解度に大きなギャップがあればあるほど、

できるだけ1つあたりの段差を小さくします。

その分、段差をたくさん刻むようにします。

 

 

相手の言葉で話すこと

同じ業界の相手なら専門用語は「共通言語」です。

より早く話を理解してもらいやすくなります。

 

しかし、相手がセラピスト以外なら

難しい専門用語は逆効果です。

 

特にリハビリテーション職種は複雑な言葉を使いがちです。

 

自分の知らない単語が次々と出てきたら

相手は興味を失って聞こうともしなくなってしまいます。

 

相手の知っている言葉・わかる言葉で話す、

というのは大前提なのです。

 

また、その相手がセラピストでなくても、

年齢や職業、性別などでも

どういう言葉を使った方がいいのか、

伝え方も変わります。

 

砕けた表現をする方がいいのか、

細かいところまで説明をした方がいいのか、

相手によって使う言葉を変えてみましょう。

 

 

IKPOLET法を意識する

IKPOLET法は、

7 つのステップでデザインされた説明用フォーマットのことです。

「IKPOLET」とは、

各ステップのアルファベットの頭文字をつなげたものです。

Step1 興味をひく(Interest)

Step2 聴き手のもっている知識や認識にアクセスする(Knowledge)

Step3 目的を示す(Purpose)

Step4 大枠を見せる(Outline)

Step5 つなげる(Link)

Step6 具体化、事例、証拠を示す(Embodiment,Example,Evidence)

Step7 転移(Transfer)

 

簡単にいうと

「興味喚起」

「知識レベル確認」

「目的と大枠の説明」

「具体例と展開」

という流れで進んでいきます。

 

これらのステップをすべて踏む必要はありません。

その手順を飛ばしたり、入れ替えたりした方がいいこともあります。

 

IKPOLET法を詳しく知りたい方はこちらの書籍に載っています。

説明に苦手意識のあるなら、読んでみてはいかがでしょうか。

東大院生が開発!  頭のいい説明は型で決まる」(著:犬塚 壮志 )

 

 

【まとめ】患者さんに理解してもらえる説明をしてできるセラピストになろう

リハビリテーションとは二人三脚、チームで動くもの。

知識や情報の共有の大切さは言うまでもありません。

 

どんな説明をするにも

ポイントは「相手に聞かせる」ことが大事です。

どんなに大切なことを話しても

相手が理解してくれなくては

まずは聞こうと興味を持ってくれなくては

意味がありません。

 

わかりやすい説明を心がけて

よりスムーズにリハビリを、仕事を進めていきましょう。

 

参考サイト:東洋経済オンライン

 

【併せて読みたい】

理学療法士・作業療法士|「理解」だけでなく「納得」してもらっていますか?

【患者さんとの信頼関係構築に悩む貴方へ】理学療法士・作業療法士に必要な会話・コミュニケーション能力

 

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

#理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #リハビリ #説明 #IKPOLET法

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.