理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

給料 転職・働き方

新卒理学療法士・作業療法士の就職先第一選択肢が「病院」はもう古い?そんなことはないですよ。

投稿日:

f:id:rehast:20190511230625j:plain
一昔前では新卒理学療法士作業療法士(リハビリ技師)の就職先の第一選択肢は「病院」が当たり前でしたが、今では訪問リハビリなどの訪問・地域分野でも新卒セラピストが増えてきています。

 

新卒理学療法士作業療法士では初めての就職となるため、

就職先は非常に重要な選択となってきます。

 また、悩み過ぎてしまうことも多いでしょう。

 

今後学びたい分野や疾患

 

休日の体制

 

給料・収入面

 

など転職と同様、

自分自身が重要視しているもの

によって、

就職先は大きく変わってきます。

 

そして昨今では、訪問リハビリや訪問看護ステーションでも新卒の募集をしており、

「給料・収入面などで病院より待遇が良い職場」

も多くなってきています。

 

そのため、

「病院が就職先の第一選択肢とならないことも増えてきている」

ようです。

 

今回は、

【新卒・新人で病院に就職した際のメリット】

をお伝えしていきます。

 

 

※賢いリハビリ職(リハビリ技師)は下記のように年収・給料を上げています。

blog.rehastreet.com

 

 

新卒理学療法士作業療法士(リハビリ技師)が病院に就職するメリット

①学びたい疾患を多く学べ知識・技術の自己研鑽が出来る

これは新卒理学療法士作業療法士であれば重要なところでしょう。

病院によって、それぞれの特徴があるため・・・

 

急性期

 

回復期

 

慢性期・維持期

 

更には、

 

脳血管障害などの中枢性疾患

 

難病疾患

 

整形外科

 

など、

病院の特徴を事前に調べることで、

学びたいこと・分野が、

就職後にしっかりと学ぶことが出来ます。

 

 

 

 

②大きな病院であれば患者数が確保されている

総合病院や病床数が多い病院であれば、

その分、患者さんの数が多くなります。

 

上記①のメリットに加え、

多くの患者さんを見ることで、

参考書や文献、セミナーでは得ることのできない経験を多く体験することが出来る

のも病院でのリハビリにおける臨床の大きな魅力といえるでしょう。

 

 

 

③間近で先輩や上司の臨床を学べる

訪問リハビリでは基本的に1対1でのリハビリとなります。

そのため、

その場でのリハビリで困った際には自分自身で対応し、

その後、職場で上司や先輩に相談する必要があります

よって「口頭下でのやり取りになってしまうことが多い」です。

 

それに比べ病院では、

実際に先輩や上司が展開しているリハビリを見ること

が出来ます。

 

また臨床で困っている時でも、

直接、患者さんをみてもらうことが出来るため、

「適切なフィードバックを受けることが出来る」

のも大きなメリットと言えるでしょう。 

 

 

 

④公立病院であれば公務員扱いになる(給料・収入面・福利厚生なども)

これは人によると思いますが、

 

昇給率や退職金

 

福利厚生

 

重要視するのであれば、

私立病院に比べ、

公立病院に就職することが出来ると公務員扱いとなり、

上記の待遇面は大きく変わります。

 

待遇面を重視している場合は

公立病院への就職も選択肢として考えても良い

のでないでしょうか? 

 

 

 

⑤休日を取りやすい

これも働く上で大切なところになるのではないでしょうか?

訪問リハビリは担当制であり、訪問ルートも予め決まってしまうため、

定期的な休日以外で有給休暇を取るのに苦労する場合

があります。

 

病院では、担当制であったとしてもスタッフ数が多ければ、

直接、申し送りが出来たりするため、

振り替えもスムーズに行いやすく、

有給休暇も訪問分野に比べ取りやすいこと

が多いでしょう。

 

 

  

f:id:rehast:20190511230653j:plain

新卒リハビリセラピストが病院で働く【まとめ】

 

いかがでしたか? 

給料面・収入面だけをみると、

訪問リハビリや訪問看護ステーションの就職は魅力的に見えますが、

 

病院勤務では、

リハビリの知識・技術や臨床経験を多く積むことが出来るため、

理学療法士作業療法士としてのキャリアを確実に積み上げていくことが出来ます。

 

さらに新卒・新人であれば質問もしやすい状況ですので、

分からないことがあれば聞きやすいため、

非常に勉強になる職場ともいえるでしょう。

 

数か月で転職・・・

はオススメできませんが、

 

理学療法士作業療法士として、確実な臨床力をつけたい

 

のであれば、

「病院への就職を第一選択肢」

として考えてみては、

いかがでしょうか?

 

 

blog.rehastreet.com

 

blog.rehastreet.com

 

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-給料, 転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.