理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

転職・働き方

【転職する前に考えよう!】理学療法士・作業療法士のリアルな転職の悩み(転職の注意点、転職先、転職時期)

投稿日:

f:id:rehast:20190614233059j:plain
理学療法士作業療法士といったリハビリ職は、職場の人間関係や年収・給料などのストレスも多く仕事を辞めたくなることがあります。

 

 

理学療法士作業療法士にとって仕事を辞めたいと思うときは、

「今の職場を変え、違う分野・職域への転職」

と、

「リハビリ職自体を辞めて異業種へ転職する」

2つのケースが考えられます。

 

今回は、

理学療法士作業療法士の転職の悩み」

について御紹介します。

 

 

 

一緒に読みたい記事

賢いセラピストは以下の方法で年収(給料)を上げています。

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています 

 

 

 

理学療法士作業療法士(リハビリ職)であれば誰しもが転職を考えます!

現在、理学療法士作業療法士として活躍している人の中でも、

一度は、

理学療法士作業療法士を辞めたい・転職したい」

と思ったことがある人も多いでしょう

 

あるいは、

理学療法士作業療法士といった、

「リハビリ職を辞めて他分野・他業種に転職しよう」

と考えている人もいるでしょう。

 

 

 

 

理学療法士作業療法士(リハビリ技師)が今の職場を辞め転職する時に考えるべきことは?

 

今までの自分の実務経験が活かせる分野なのか?

 

年収・給料は今より上がるのか下がるのか?

 

転職希望の職場・分野に「自分がやりたい」と思う目標があるのか?

 

人間関係はどうなのか?

 

など、

転職では考えることがいっぱい

あります。

 

 

例えば、

 

病院勤務しか経験がなく訪問分野へ転職する

 

といった場合、

 

病院勤務時代での経験が活かせることも多いですが・・・

 

介護保険を初め一から覚えなければならないことが多い

 

です。

 

もちろん、

病院で学んできた学問的な知識や実務・臨床経験というものについては活かせる可能性も高い

です。

 

  

 

 

一度、冷静な目で今の職場環境といった「現状を見つめてみる」のも大切です!

自分にとって、

「今の職場を辞めることに価値があるか?」

ということを、

今一度考えてみることは非常に重要

です。

 

ただ単に、

 

「人間関係に疲れた」

 

「仕事がつまらない」

 

「日々の業務に飽きてしまった」

 

といった消極的な理由から辞めてしまうと、

 

次のステップとする転職先でも同様の状況になってしまう可能性

 

があります。

 

本当に転職をするのであれば、ある程度、

 

「目標を明確にし、積極的(前向き)な理由で転職をする必要がある」

 

でしょう。

 

 

また理学療法士作業療法士といったリハビリ職の離職したい理由として、

 

「家族の看護・介護」

 

「出産・育児」

 

など仕方ない理由を除けば、

 

給与や人間関係の不満

 

業務量・労働時間に対する不満

 

などが多いと言われています。

 

 

理学療法士作業療法士などのリハビリ職は、

 

職場の人間関係

 

患者さんとの関係性

 

自身の治療技術に対する不安

 

など、

 

「多くのストレスを感じながら生活している」

 

ことでしょう。

 

 

そして多くのリハビリ職は、

 

日々、多くのストレスと向き合いながら、それと上手く付き合いつつ仕事をしている

状況

 

です。

 

 

 

実際のストレスの内容はというと・・・

 

1位が人間関係の問題

 

2位が仕事の質(内容)の問題

 

3位が仕事の量の問題

 

と言われています。

 

 

そして、

 

「上記の問題は、どのような分野・職域であっても切り離せない問題が多い」

 

とされています。

 

 

 

安易に転職をしてしまうと、

「一時的にストレスから解放されたとしても、結局はまた辛い思いを抱いたり、悩んだりする可能性は十分にある」

と言えるでしょう。

 

 

今現在の職場を辞めたいと感じているのであれば、

 

その後の将来的なビジョンを踏まえ、

一旦、冷静になりつつ、

もう一度今の自分の置かれている状況を考えてみる

 

ことをオススメします

 

 

 

 

f:id:rehast:20190614233128j:plain

【まとめ】理学療法士作業療法士(リハビリ職)の転職の悩みについて

「今の職場を辞めたい」

というのは程度の差はあれど、

「リハビリ職として働いていると誰もが一度は経験すること」

です。

 

そこで、まずは

「一度自分と向き合って、今の職場を辞めることのメリットやデメリットをしっかりと考えて」

みましょう。

 

 

「転職が成功したかどうか?」

は、

「転職して働いてみないと正直、分かりません」

 

 

しかし、

「あの時、前の職場を辞めなければ良かったと悔やむこと程、辛いことはない」

です。

 

自身の将来のビジョン、キャリアをしっかりと考えた上で、

転職活動をすることをオススメします。

 

リハストリートは理学療法士作業療法士である貴方の働き方・前向きな転職活動を応援しています!

 

併せて読みたい関連記事

【理学療法士・作業療法士の年収・給料が低い理由】収入を上げるためには? 

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.