理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

男なら「ジブンノカラダ」を見直せ!デキる男性セラピストは○○トレをしています

投稿日:

ã¹ãã¼ã, èç«ã¦ä¼ã, ç­åãã¬ã¼ãã³ã°, 1 æ¬ã®è, 女æ§, ç·

リハビリ職は真面目な男性が多いです。

リハビリテーションに必要な知識や技術の勉強・研鑽を欠かさず日々の臨床に挑むセラピストは魅力的ですよね。

ですが、

「自分自身の身体について」

目を向けていますか? 

 

突然ですが、

 

貴方の身近に仕事のできる男はいますか?

 

お金儲けでも

 

人脈が幅広いでも

 

どんなことでもいいです。

 

仕事ができる人を見てみてください。

 

 

10代や20代は、

容姿やファッションに

力をいれること

が多いでしょう。

 

 

しかし、

30代になると

男は仕事がステータス

になってきます。

 

あなたが知っている

「仕事のできる人」

には、

「実は共通点がある」

ということを知っていましたか?

 

人気記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

 

 

【男性リハビリ職必見】デキる男は◯◯をしている! 

f:id:rehast:20190731202724j:plain
山本ケイイチ著の

「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」

という書籍を紹介します。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

 

 この書籍では、

 

レーニングの原理原則を

 「目的を明確にし、

有効で実現可能な目標を設定。

なすべきことを

具体的な行動に落とし込み、

持続するための仕組みを

つくって実行すること」

 

と記載されています。

 

 

筋トレは・・・・

 

精神的にタフになる

 

思考がポジティブになる

直観力・集中力が高まる

 

など、

メンタル面への効果も

とても大きく関わります。

 

 

確かに筆者自身、

筋トレを行うと

集中力が高まること

を経験します。

 

眠たくなったり、

ボーッとしているときは

ちょっとした腕立て伏せや

スクワットをすると、

「シャンとするような感じ」

がするんですよね。

 

 

つまり、

「仕事のできる人は

筋力トレーニングを

定期的に行っている」

のです。

 

 

理学療法士作業療法士なら知っている?】筋トレは様々なホルモン分泌を促進します

f:id:rehast:20190731202748j:plain
筋トレや

有酸素運動

行うことで、

カラダがスッキリしたり、

気分がよくなる

と実感します。

 

あなたも、

そのような経験は

ありませんか?

 

それは、

レーニングによって

分泌される「ホルモン」が

カラダに影響している

からです。

 

 

今回は、

 

テストステロンやセロトニン

 

ドーパミン

 

など、

体を動かすことによって

活性化されるホルモンの種類と

その効果を一部ですが紹介します。

 

 

【成長ホルモン】

レーニングを行うと

分泌が活性化することで

有名なホルモンといえば、

「成長ホルモン」

です。

 

成長ホルモンには、

たんぱく質を合成して筋肉をつけたり、

脂質の代謝を促して

体脂肪の蓄積を抑えたり、

体脂肪を燃焼させる働き

があります。

 

成長ホルモンの分泌が少なくると、

やる気が低下したり

イライラしやすくなるなど、

メンタル面にも影響を

及ぼす場合があります。

 

 

セロトニン

セロトニンは、

三大神経伝達物質とよばれる

「脳内ホルモン」

です。

 

精神の安定を司り、

気分を高揚させる働きから

“幸福ホルモン”

とも呼ばれます。

 

日常生活で

継続的に受ける

さまざまなストレスによって、

セロトニンの分泌量は低下し

働きが弱まって

しまいます。

 

レーニングで

セロトニンの分泌を促すことで、

ストレスに耐えうる

メンタルを保てる

でしょう。

 

 

ドーパミン

セロトニンと同じく、

三大神経伝達物質の一つです。

 

「幸福物質」

とも呼ばれる

脳内ホルモンです。

 

レーニングで

汗をかいた後に

気分がスッキリするのは、

このドーパミンの働き

です。

 

また、

ドーパミン

多く分泌されると

モチベーションが向上し、

ポジティブ思考

になります。

 

 

【最後に】モテるリハビリセラピストは欠かさず行っています

f:id:rehast:20190731202816j:plain

このように、

筋力トレーニングを行うと

様々なホルモン分泌が起こります。

 

すると、

仕事や日常生活にも

良い影響が出現してくる

のです。

 

仕事のできる人は

すべからく

「自分の身体を鍛えて」

います。

 

そうしなければ、

「日常のストレスに

押しつぶされてしまう」

からです。

 

これらの脳内ホルモンを

筋力トレーニングによって

意図的に分泌させることで

毎日のストレスを解消している

のですね。

 

是非あなた自身も

自分の身体を

見直してみては

いかがでしょうか?

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 ≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

【関連記事】

blog.rehastreet.com

 

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.