理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

【理学療法士 作業療法士だからこそ!】リハビリ職でもダイエットに失敗します・・・そんな貴方へ「失敗する原因」を教えます

投稿日:2019年8月14日 更新日:

理学療法士・作業療法士は治療的なアプローチに加え、栄養指導や運動指導が必要とされる場面が多々あります。

患者さん・利用者さんには指導しているのに「セラピスト自身の体型がだらしない」と説得力も半減してしまいますよね?

 

決めました!

 

今日からダイエットをします!

 

 

こう宣言した貴方・・・

 

ダイエットに

失敗しませんでしたか?

 

その原因を

考察してみましたか?

 

まず絶対やっては

いけないことは、

「食事を抜く」

ということです。

 

 

「やせるためには

食事量は減らした

ほうがいい」

と思って

「朝食を抜く」

ことをしていませんか?

 

 

でも、

その努力・・・

「実はもったいない」

のです。

 

【リハビリ職は知っておきたい】食事摂取量、エネルギー消費量、ストレスの関連性

f:id:rehast:20190813125921j:plain
食事をすると

消化・吸収されますが

このときにも、

「エネルギーを消費」

します。

 

これは、

「食事誘発性熱産生」

と呼ばれ、

「1日の消費エネルギーの10%」

に上ります。

 

 

たとえば、

1日の消費エネルギーが

2000kcalとすると、

「約200kcalが食事誘発性熱産生」

で、

これは

「おにぎり約1個分」

になります。

 

1カ月では、

「おにぎり約30個分」

となります。

 

 

わかりますか?

 

食事をするときにも、

エネルギーを消費している

のです。

 

「食事を抜く」と、

貴方は

「このエネルギーを消費

する機会を失っている」

とともに

カロリーも取れない

状況で仕事に行くため

身体もだるくなり

活動量も低下し

結局・・・

「ダイエットが

うまくいかない」

のです。

 

車だって、

ガソリンを入れなきゃ

走れないのに

人間もカロリー取らなきゃ

熱産生なんてできっこ

ありませんよね?

 

 

 

そもそも、

食事を抜いたら

ストレス溜まりませんか?

 

「ストレスが、

一番の太る原因」

だということも

理解しておきましょう。

 

 

【成功したい理学療法士 作業療法士は必見】ダイエットに成功する人は貯金ができる人

「ダイエットができる人」

「貯金ができる人」

という理論は

「当たり前だろう、

外食や買い食い

しないんだから

貯まるはずだ」

という思考は

抜きにして

下さいね。

 

 

そうではありません。

 

ダイエットを

失敗している人は

必ず貯金ができていない人

なんです。

 

これは断言できます。

 

 

よく短期間で

結果が出ずに

諦めてしまう人

がいます。

 

短期間で一気に

10kgも20kgも

やせることは

とても難しい

です。

 

体脂肪1kgを

カロリーに換算すると

約7000~7200kcal

なのですが、

これは、

フルマラソンを2回以上

走らないと消費できないカロリー

なんです。

 

ですが、

これを1カ月30日で

割ってみると

1日あたり240kcal

さらに

3食で割れば1食たった80kcal。

「ごはん3口」

「揚げ物たった1口分」

になります。

 

1食で、

このぐらいを

少しだけ減らしていけば

1カ月で1kg

1年間で12kg

の減量も夢ではないかも・・・

 

つまり、

「ダイエットは貯金と同じで、

日々の積み重ねが大切」

なのです。

 

30kg落とした人も、

最初は「100g」から

やせたのですから、

たった「100g」と思わず

継続は力なりと思って、

毎日コツコツ続けること

から始めてくださいね。

 

 

【リハビリの臨床でもプライベートでも必ず必要】継続は力なりということの法則

ダイエットも貯金も

「継続は力なり」

ということを

前述しました。

 

ここで

「少しでも頑張ってみようかな」

と思った貴方へ

この言葉を送ります。

 

【1.01と0.99の法則】

 

1.01と0.99の法則とは、

継続することの大切さを訴えるもの

仮に自分の状態を1で表した場合に

1.01という努力(1%の向上)

を積み重ねると1年後には、

1.01の365乗=37.7834

約37.8という結果になり、

元の1よりかなり大きな値

になります。

 

逆に

さぼり続けて0.99(1%の低下)

を積み重ねると

0.99の365乗=0.02551
という結果になり、

元の1よりも小さな値

になってしまいます。

 

チリも積もれば山となる。

 

金も積もれば金塊になる。

 

小さなことから

コツコツと

今日から始めてみませんか

 

貯金ができる人は、

毎日ちょっとずつの積み重ね

をどこかでやっているものです。

 

これはあなたにもデキること。

 

ぜひ今日から始めてみましょう!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.