理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

理学療法士・作業療法士の貴方はできてますか?疲れ目のケア

投稿日:

理学療法士・作業療法士にとって「目」って、とても重要です。

検査測定をしたり、歩行分析をしたり、治療をする時にも目を酷使する仕事です。

そんなリハビリ職の貴方はきちんと「目のケア」できていますか?

 

理学療法士・作業療法士は知っておきたい|疲れ目の原因

疲れ目というのは、

「目の周りの外眼筋」

「水晶体の調節を行う

毛様体筋」

筋疲労を起こしている状態

をいいます。

 

長時間の作業が続いたり、

睡眠不足の状態だと、

目の細胞に必要な栄養素が

行き届かなくなります。

 

すると

細胞の代謝が低下し、

疲労が回復しづらくなる

という

悪循環に陥ってしまいます。

 

目に疲労がたまってくると、

涙の分泌が低下し目が乾いて

きます。

 

涙には、

目の保護の他に・・・

 

・目全体に栄養を届ける

 

・ピントを合わせやすくする

 

という機能があります。

 

目が乾いてくると、

見づらい中で

なんとかピントを

合わせようとするので

さらに、

目を酷使することに

なってしまう

のです。

 

最近は

電子カルテなどを

導入している病院も増え、

リハビリ職も

今まで以上に

パソコンを使用する機会が

増えてきましたよね?

 

「VDTストレス」

というのを

知っていますか?

 

パソコンなどの

ディスプレイを

長時間見続けると

画面を凝視するため、

まばたきの回数が減り、

目が乾いた状態

となりやすく、

更に

目が疲れやすく

なります。

 

これを、

「VDT(Visual Display Terminal)ストレス」

と言います。

 

若手リハビリセラピストにも増加中!?スマホ老眼

最近、

20~30代の若い人達の中で、

 

「手元の文字が見づらい」

 

「近くのものにピントが合わない」

 

「夕方になると物が見づらい」

 

といった老眼と

よく似た症状に

悩む人が増えています。

 

この「スマホ老眼」は、

老眼と同様

目のピント調節が

スムーズにできないこと

により起こる症状

です。

 

老眼とは、

加齢に伴って

目のピント調節機能が

衰えている状態のこと

です。

 

一方、

スマホ老眼は、

スマホなどの

ディスプレイなどを

近距離で見続けることで、

眼の筋肉が常に状態が続き

老眼と同様に

ピント調節機能が

低下してしまう状態のこと

をいいます。

 

加齢による

老眼と異なり

スマホ老眼の場合、

症状は一時的なことが多く、

疲れによって視力が

安定しないことも

特徴のひとつです。

 

スマホ老眼を放っておくと、

集中力の低下

イライラ

など

精神面にも

悪影響を及ぼし、

肩こりや頭痛などの

身体症状が出ること

もあります。

 

繰り返すうちに

重篤化するケース

もあります。

 

リハビリ職は今すぐ実践!疲れ目のケア方法

まずは、

食事と休養を

しっかりと

取りましょう。

 

まぶたを閉じて、

目に光を入れない状態を

作るだけでも、

目をリラックス

させるには効果的

です。

 

長時間の作業をする場合は、

「1時間おきに10分程度、

目を休めるよう」

にしましょう。

 

 

目のケアというと、

「温める」

というのが

一般的ですよね?

 

実は、

必ずしも温めたほうが

良い場合ばかりではないんです

 

疲れ目のケアには、

 

「温めるほうがいいのか?」

 

「冷やすほうがいいのか?」

 

結局どっちがいいのでしょう?

 

それは・・・

 

ドライアイなど

目がショボショボする場合や、

充血のない疲れ目

には目や目の周辺を

「温める」ことで

血流が良くなり、

筋肉を緩めてくれ、

新陳代謝の改善

も見込まれます。

眼精疲労が原因の

頭痛や肩こりにも効果的

です。

 

反対に、

充血がひどい時や

炎症を起こしている時は、

「温めると症状が悪化する」

場合もあります。

その場合は、

「冷やした方が効果的」

です。

軽く温めた後で冷やすと

血管の拡張機能が働き、

血液の循環を

更に促してくれます。

 

 

また、

疲れ目のケアには

ツボ押しも効果的です。

目の近くには

たくさんのツボがあります。

 

眉頭のすぐ下の

少しへこんだところにある

「攅竹(さんちく)」

 

目頭の左右のくぼみ、

鼻の付け根の横側にある

「晴明(せいめい)」

 

こめかみの下の

少しくぼんだ部分にある

「太陽(たいよう)」

 

眉毛の真ん中から少しだけ

下におりたところにある

「魚腰(ぎょよう)」

 

眉尻の小さな

くぼみにある

「絲竹空(しちくくう)」

 

目の中心の黒目の

すぐ下側にある

「承泣(しょうきゅう)」

 

などがあります。

 

また、

眼球を意識的に動かして、

目の運動をするのも

目の血流を良くして、

リフレッシュ効果

も得られます。

 

【まとめ】リハビリテーション職こそ「アイケア」を

疲れ目のケアのポイントとして、

 

・まずは十分な休息

 

・温めるほうがいい場合と冷やすほうがいい場合がある

 

・ツボ押しも効果的

 

です。

 

仕事だけでなく、

日常生活にも

目を酷使する場面が

たくさんあります。

 

目は、

私たちセラピストにとって

大事な仕事道具です。

 

きちんとケアをして

いつも万全の状態で

仕事に臨めるように

しましょうね!

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.