理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

悩める理学療法士・作業療法士の貴方へ|「まずは行動する」ことの本質と本当の意味

投稿日:

現在の職場や収入でお悩みの理学療法士・作業療法士の貴方!

いろいろな転職サイトや転職情報あるいはビジネス書なんかを読んでいると必ず目にする文章がありませんか?

それは、

「まずは行動すること」

です。

これは間違いではありませんが、現在の状況をみていると言葉自体が先行している印象も受けます。

そこで今回は「まずは行動すること」自体の正しさについて考えていきます。

理学療法士・作業療法士こそ知っておいて欲しい|「まずは行動すること」だけのアドバイスの無責任さ

「まずは行動すること」

と聞くと

「とりあえず動いてみよう!」

と思うのは当然です。

 

しかし、

「単に行動するだけ」

では

上手くいかないことも

多々あります。

 

上手くいかない理由としては・・・

 

・行動した後のことを考えていない

 

・目標・目的が曖昧

 

・将来のなりたいイメージが確立されていない

 

といったところでしょうか?

 

上記の状態

にも関わらず、

「まずは行動しよう」

なんていわれても

正直、困りませんか?

 

今の職場に不満があったとしても

もしかしたら

 

解決できる問題なのかもしれない・・・

 

解決は出来なくても「やり過ごす」手段はあるかもしれない・・・

 

そういった可能性に目を向けず

「行動する」

といって

転職したは良いが

前より状況が悪化した

なんてことになったら

目も当てられませんよね?

 

「まず行動する」

前に考えるべきことは

たくさんありますよ!

 

リハビリ職の貴方へ|「まずは行動する」・・・ために大切なこと

「まずは行動する」

ために大切なこと。

 

それは・・・

 

「慎重であること」

 

です。

 

前述したように

行動したい

と思うからには

何かしらの理由がある

筈なのです。

 

それを

明確に出来ていない状態

で動くことは

非常に危険です。

 

失敗して

後悔してからでは

遅い場合も

あるのですから。

 

そして

「慎重であること」

「何も動かない」

ことはイコールではない

ということも

忘れないでください。

 

「慎重である」

ということは

「考えている」

ということです。

 

世の中で

長年、成功者と言われ続けている人は

常に頭を使って

います。

 

要は、

常に考え動くこと

こそが

大切なのです。

 

この

 

「考える」

 

「動く」

 

両方が備わっていなければ

「まずは行動」

しても

失敗する可能性は高い

でしょう。

 

【最後に】リハビリテーション職種も「まずは行動する」の本質を見失わないことが大切!

いかがでしたか?

 

今回は

「まずは行動する」

ことの

リスクと行動の仕方

について記事にしました。

 

何も考えずに

「まずは行動する」と、

「今まで見なかったような

困難に見舞われる可能性」

があるのです。

スポーツだって1回戦、2回戦と

勝ち進んで行くと、

より厄介な相手が現れますよね。

 

それと同様に、

「行動して次のステージに立つ」

ということは、

今まで感じた事のない

ストレスやプレッシャーを

感じることになる

のです。

 

貴方は

それに耐えること

が出来ますか?

 

そこをしっかりと

考えた上で

「まずは行動すること」

をオススメします。

 

「死ぬこと以外はかすり傷」

という言葉もありますが、

「しなくても良い失敗もある」

という事だけは

しっかりと覚えておいて

頂ければ幸いです。

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

-コラム

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.