理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

理学療法士・作業療法士なら知ってる?|9月は自律神経の乱れに注意!「気圧」と「自律神経」の関係とは?

投稿日:

これまでリハストリートでは「熱中症対策」について、いくつか記事化してきましたが、ようやく9月にも入りそろそろ暑さも安定してきた今日この頃です。

しかし!

体調管理を気にしている貴方!

ここが「気のゆるみどころ」なので注意が必要ですよ!

意外と知られていませんが、9月バテというものをご存じですか?

 

 

「恐怖の九月バテ」

という言葉があるように
「夏の熱中症」

と合わせて覚えておきたい

トピックスの一つでもあります。

 

9月に入ると、

朝昼夜の寒暖差が

激しくなりますが
気温差が5℃を超える頃になると
次第に体が

温度変化に対応

するのも難しく

なってきます。

 

貴方も

寝るときに外が涼しいから

窓を開けて寝ていたら、

いつの間にか

外が寒くなって

夜遅くに起きて

布団をかけなおす

ということはありませんか?

 

これに加えて、

秋雨前線や

台風による

気圧の変化も

「自律神経の乱れ」

につながり、

体調不良を引き起こす

のです。

 

理学療法士・作業療法士は知っている?|気圧の変化と自律神経の乱れについて


そもそも、

「気圧の変化」

「自律神経の変化」

の関係をご存じ

ですか?

 

気圧の変化で

一番わかりやすいのは

飛行機に乗ったり

スキューバダイビングをすると

耳鳴りがしたり

頭が痛くなったりする

ことですよね?

 

筆者は、

特にスキューバダイビングで

耳貫きが圧倒的にへたくそで

できないので

耳鳴り、

手のしびれ、

頭痛が定番

になりました。

 

なんだったら

飛行機でもたまになります・・・

 

横で爆睡している方が

うらやましいです。。。汗

 

つまり、

何が言いたいかというと、

耳の鼓膜の奥には、

気圧の変化を感じる

「内耳」

があり、

脳は、

内耳から伝わった情報を基に、

周囲の環境に体を順応させよう

とします。

 

しかし、

内耳のセンサーが

敏感に反応しすぎると、

わずかな気圧の変化でも

脳に過剰な情報が

伝わって

しまいます。

 

この結果、

自律神経が乱れて、

体に様々な変調が起きる

のです。

今回の

「九月病」

でも同じような症状

が起きます。

 

症状としては、

まず・・・

 

「体がだるい」

 

「食欲がない」

「よく眠れない」

 

といったものから、

 

「頭痛・肩こり」

 

「めまい」

 

「便秘・下痢」

 

「微熱が続く」

 

「風邪がなかなか治らない」

 

など様々です。

 

では、

このような症状に

対策方法はないのか?

 

少し調べてみましたので紹介しましょう。

 

リハビリ職は知っておこう|体温の変化を極力減らそう

たとえば、

日中は暑くても

朝晩は冷えるので、

上に羽織るものを

常に用意して

おきましょう。

食事も、

冷たいものを避けて

温かいものにして

みると、

内臓温度を

急激に低下させることを

防ぐことができ

自律神経の乱れを予防

できます。

 

また、

疲労回復効果のある

ビタミンB1が豊富な豚肉や豆類、

自律神経を整える効果のある

ビタミンEが含まれている青魚

などを

意識して摂るよう

にしましょう。

あとは、

以前も入浴に対する効果

について記事にしましたが

ぬるめの湯船に

浸かるようにすると良い

でしょう。

温度としては

38~39℃が良い

かもしれませんね。

 

筆者は42℃が適温なのですが、

最近はこれくらいの温度に抑えてます。。。

 

あとは

寝る前に・・・

 

自分の好きな音楽を聴いたり、

 

マッサージをすることも効果的

 

です。

 

適度な運動も

自律神経の乱れを

整えること

にもつながります。

 

【最後に】リハビリテーション職もセルフメンテナンス、自己管理が大切

社会人になると、

様々なストレスに

さらされます。

 

それだけでも

体調を崩しがちになるのに

気温や気圧の変化で

体調を崩してしまっては

元も子もありません。

 

ちょっとしたことではありますが

自分の身体のメンテナンスは

自身で行うことが必要です。

若いころは平気でも、

「いきなり年を感じることってありませんか?」
(筆者は特に最近感じます・・・)

自分の身体は

自分で管理することを

心がけてみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2021 All Rights Reserved.