理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

理学療法士・作業療法士だからこそ|仕事が捗る!朝活のススメ

投稿日:

理学療法士・作業療法士の貴方は毎朝何時に起きていますか?

「5時起き?」

「6時起き?」

はたまた・・・

「7時起き?」

でしょうか??

できるだけ長く寝ていたい・・・

始業ギリギリに間に合う時間まで寝ている・・・

起きて5分で家を出る・・・

なんてこともあるのではなでしょうか?

その気持ち、痛いほどわかります!!

しかし!

果たして、それは良い習慣なのでしょうか?

今回は「朝活をするメリット」について紹介していきます。

仕事で伸び悩んでいるセラピストの貴方は必見ですよ!

 

 

「早起きは三文の徳」

というだけあって、

朝にどれだけ時間をうまく使えるかが

その後の一日の過ごし方、

仕事の進め方、

を大きく左右します。

 

ただ、

「とりあえず早起きをすればいい」

というわけではありません。

 

「朝にやった方がいいこと」

というものがあるんです。

 

今回は、

「一日のスタートに

最適な朝の過ごし方」

をお伝えします。

 

勉強をする

忙しく働く

理学療法士・作業療法士

にとって、

勉強時間の確保は

大変ですよね?

 

朝は1日の中で

最も頭が冴えて、

集中力を高く

維持できるので

「勉強のゴールデンタイム」

と呼ばれています。

 

「やる気ホルモン」

と呼ばれる

ドーパミンなどが

分泌されやすいため、

科学的にも

「朝は勉強するのには

最適な時間」

だと言われています。

 

起床後すぐは

脳があまり

働いていない状態なので

朝の勉強は

起床後30分~1時間後から

にしましょう。

 

起きてすぐは、

軽い運動

ストレッチ

をしたり、

朝食をとる

などして、

脳を働かせる

準備運動をする

と良いですよ。

 

発想力が必要な仕事は朝にする

朝は特に、

ドーパミン

アドレナリン

の分泌量が多く

なります。

 

企画のアイデア

を考えるなど

ひらめきが

必要なことほど

朝にするのがおすすめ

です。

 

書類作成は

朝の方がはかどる

とも言われています。

 

例えば、

転院・退院サマリー

などの文書作成は、

朝に行うほうが

いい文章が浮かんで

きやすい

ですよ。

 

逆に、

単語の暗記などの

単純作業は

朝よりも夜にする

方がいいでしょう。

 

単純な打ち込み作業も、

インスピレーションが

さえる朝にするには

もったいない作業です。

 

挨拶や掃除など、気持ちが上がる習慣を作る

挨拶するって

無条件に気持ち良いもの

ですよね?

 

恋人や友達に

「おはよう」

のメールを送ったり、

ツイッターなどで

「おはよう」

とつぶやくだけでも

OKです。

 

もし早めに

出勤できたら、

患者さんや

他のスタッフとの

コミュニケーションに

活かしてみるのも

良いですね。

 

挨拶することが、

早起きをする

モチベーションにも

つながります。

 

また、

掃除など

身の回りを片づけたり

綺麗にするだけでも

気持ちがスッキリ

します。

 

読書をして頭を目覚めさせる

少しずつ

脳を目覚めさせていくには

読書

も良いですね。

「9割の小中学校でも

朝読書を実施している」

というデータもあるんです。

 

最近では

1タイトル5分で

読める短編小説集

も出ているので、

自分の読みやすい

ジャンルのものから

始めてみてもいいでしょう。

 

長編小説の場合、
1日〇ページまで、

と制限すると

続きが気になって

次の日起きるのが

楽しみになりますよ。

 

朝は、

読んだ本の内容が

スッと頭に入りやすいので、

実用書や資格勉強の本

などもおすすめです。

 

昼寝も活用して効率化

朝早起きして、

心配なのが、

午後~夜にかけての

眠気ですよね?

 

昼休みに

15~20分程度の

仮眠をとるだけ

でも、

午後の眠気を

抑える効果

があります。

 

ただし、

1時間以上の昼寝は

効果が減る

どころか、

かえって

眠気や疲労が

残ってしまうため、

休日の寝だめは

やめておいた方が良い

でしょう。

 

また、

眠気対策とし

てよく用いられている

コーヒーなどのカフェイン

ですが、

カフェインをとってから

その効果が現れるまでは

15~30分程度タイムラグ

があります。

 

短い昼寝をとる前に

カフェインを

服用しておけば、

昼寝から目覚めた直後に

カフェインの効果が現れ、

すっきりと覚醒すること

ができます。

 

20分間の短い昼寝をとる前に

200mgのカフェインを

含有するコーヒー100mlを

摂取した場合と、

目覚めた直後に

覚醒を高める操作として

2,000ルクスの

まぶしい光を1分間照らした場合

さらに、

起床直後に

25℃の水で顔を洗って

もらった場合で、

その後の眠気が

どのように変化したか?

を調べた研究があります。

 

その結果、

昼寝をとらなかった場合と

比較すると

単に昼寝をとっただけでも

眠気は低減しましたが、

カフェインを服用した直後に

昼寝をとった場合が

最も効果が高く

みられました。

 

家事は時間制限を設けて

女性セラピストにとっては、

朝食準備・洗濯などの家事、

化粧などの身だしなみ

なども

朝にやらなければならない

大きな仕事ですよね?

 

ついつい後回しにしがちな

家事を朝のうちに終わらせれば

自分のために

使えるリラックスの時間も増え、

気持ちよく一日を

過ごすことができます。

 

そこで

うまく家事をこなすコツは

「時間制限を設ける」

ことです。

 

皿洗いは3分以内で

などと決めると、

テキパキと

作業することがきます。

 

掃除など、

「今やらなくてもいい」

と思えることほど、

3分、5分でできることを

見つけて1つ完了しようとすると、

気持ちの面でも

達成感を感じ、

余裕を持つこと

ができますよ。

 

【まとめ】朝活ですっきりとした一日を過ごしましょう

朝に行うおススメの活動

 

①勉強する

 

②ひらめきが必要な仕事をする

 

③掃除や挨拶を心がける

 

④読書をする

 

どうしても

あわただしく

過ごしてしまう朝の時間ですが、

無駄にせず有効活用できれば、

その日一日を気持ちよく

過ごすことができます。

 

是非、明日から貴方の朝の30分を変えてみませんか?

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

-コラム

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.