理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

理学療法士・作業療法士|「好きなこと」で仕事をしたいですか?

投稿日:

理学療法士・作業療法士の貴方。

この記事を読んでいるということは、

きっと貴方も

「好きなことで仕事をしたい」

と思っているはずですよね?

 

それもそのはず。

 

勤務時間いっぱいリハビリをして・・・

 

その上、

 

書類・カルテ作成

 

院内研修会・勉強会

 

委員会活動

 

などなど

残業する毎日。

 

好きなことで仕事を

している人たち

が輝いて見えるのは

当たり前です。

 

ですが、

「本当に好きなことで成り立っている」

のでしょうか?

 

リハビリ職は知っておくべき|「好きなことで仕事をしている」人たちも実は・・・

最近はリハビリ職以外でも

「好きなことを仕事にしたい」

という人たち、

増えましたよね。

 

インターネットの発達の影響からか、

「好きなことを仕事にしてる」

と情報発信を

してる人が

増えたせいでしょうか?

 

そういった方々に

感化されてか、

「自分もそうなりたい!」

なんて

思っちゃいませんか?

 

ただ単純にですが・・・

好きなことで

仕事をしてる人達は

「無理してるなぁ」

と感じることが

多いです。

 

 

なぜかと言えば、

どんな好きなことでも

お金をもらうレベルの質を

維持するのに

いろいろ気を遣うであろうし、

人間の気分は波があるので

いつでも楽しい

とはいきませんよね?

 

それでも、

「好きなことで仕事をしている」

アピール自体が

業務の一環になる境遇

なのです。

 

サラリーマン理学療法士・作業療法士も悪くない

普通のサラリーマンだったら

通常は、

「好きを仕事にして、

毎日が楽しいです!」

みたいな

アピールをしなくても

仕事になりますよね?

 

その意味では

こうしたアピールを

強要されないだけ、

気楽ではあります。

 

「好きなことで仕事をしてる」

アピールのせいで

ストレスを感じたり

気が重くなったり、

病気になっては

元も子もありませんからね(汗

 

リハビリテーション職の仕事も気の持ちようです

そもそもですが、

「好きを仕事にする」

ことと

「仕事が好き」

とは意味が違いますよね?

 

周りのリハビリセラピストさんでも

仕事中に輝いてる人って居ませんか?

 

そういう人たちは、

「好きを仕事に」

というよりも

「仕事が好き」

なのかもしれません。

 

貴方も

「好きを仕事にしたい」

と思っているかもしれませんが、

まずは

今の仕事を好きになってみる

努力をしてみてはどうでしょうか?

 

また仕事に対する意識も変わってくるかもしれませんよ!

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.