理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

給料 転職・働き方

理学療法士・作業療法士|給料・収入を増やすにはやっぱり転職?

投稿日:

転職を考えている理学療法士・作業療法士の貴方は多くの求人情報をみているのではないでしょうか?

その中で気になるのは、

 

やはり・・・

 

給料・収入!

 

ですよね?

 

多くの転職サイトや

求人情報をみていると、

訪問看護ステーション等の

訪問分野が

今でも給与が高めの傾向

となっています

 

PTOT人材バンク

 

理学療法士・作業療法士が収入を増やすには・・・

リハビリ職が収入を増やす手段としては、 

 

・給与が多い職場への転職

 

・セミナーや研修の講師を目指す

 

・サイト運営等の副業

 

・起業

 

などなど、

多くの選択肢があります。

 

 

その選択肢の中から、

 

多くのリハビリ職は

転職を選ぶことが

一番、多いのでは

ないでしょうか?

 

 

収入を上げるには

転職が一番てっとり早い

のは確かです。

 

ですが、

転職後に後悔しないために

転職先をしっかり調べて、

よく考慮することが大切です。

 

訪問分野で給与が高い地域は東京都内等など各地域の都心部・市街地・住宅街

何故、都心部での

訪問分野では

給与が高いのか?

 

それは、

ずばりお客様(御利用者様)が

多く訪問件数が多いから

です。

 

 

訪問件数は何件でも大丈夫!

 

という方は要注意。

 

 

訪問手段について

考えたことはありますか?

 

リハビリ職は要確認|訪問時の交通手段は?

主に都心部では

「電動付き自転車」

もしくは

「原付バイク」

となります。

 

車は基本的に止めるところがなく、

パーキングも高いですからね。

 

そして

天候・季節のことも

しっかりと考えないと

いけません。

 

雨・雪の日は水で濡れるため着替えが必要

 

暑い夏の日は、汗をかくため着替えの用意

 

寒い日は防寒準備・対策

 

といったことを

考えなくてはいけません。

 

しかも

「臨床場面以外の時間で」

です。

 

こういったことは

単に手間になるだけでなく、

勤務し続けていくと

体力的にも辛くなってくる

場合もあります。

 

病院や施設内勤務だけの

セラピストさんや

新卒セラピストさんは、

上記のことも

しっかりと考えた上で

就職・転職準備をする必要

があります

 

リハビリテーション職の短期退職は要注意

訪問分野勤務では・・・ 

 

・体力が続かない

 

・思ったよりも仕事が多い

 

・休みが取りにくい

 

など施設勤務とは違う部分が多々あります。

 

 

単純に給与が高い

というだけで

転職してしまうと、

 

長く続かずに数か月で退職

 

なんていうこともあります。

 

これは会社にとっても迷惑ですし、

生活の一部を支えている者として

御利用者様に対して

非常に失礼かつ迷惑なこと

になってしまいますよね。

 

そして、

何より自身の職歴に

傷をつけること

になります。

 

次に転職する際に、

面接官の人に

「この人は長く続かないだろうな」

と思われてしまえば

採用に不利になって

しまいますからね。

 

【最後に】リハビリセラピストが不必要に転職を繰り返すと収入は増えません

不必要に転職を

続けてしまうと

選択肢が少なくなり、

 

最終的には

給与が低い職場しか

就職先がない

 

というケースも

考えられます。

 

訪問分野は

確かに給与も高く

やりがいもあり、

働き方によっては

確実にスキルアップできる

魅力的な分野でもあります。

 

ですが、

その分、

仕事量が多かったり、

単純にセラピストの技術

だけでは通用しないこと

もあります。

 

給与が高いから

という理由だけで

訪問分野への転職を

考えている場合は、

事前にしっかりと情報収集をして、可能であれば職場見学等をした上で、転職されることをお勧めします。

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

-給料, 転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.