理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

転職・働き方

理学療法士・作業療法士 | 勉強会・研修・学会発表でも緊張しない方法4選

投稿日:

リハビリテーション職種というのは、

意外と人前で話す機会の多い職種です。

 

人前に出ると緊張しやすい・・・

 

思うように話せなくて満足のいく発表や話ができなかった…

 

そんな経験はありませんか?

 

そんな時、

緊張を出来るだけ和らげる手段を知っておくと、

パフォーマンスもUPし、

貴方の評価もより上がりやすくなりますよ。

 

仕事ができる理学療法士・作業療法士は緊張しない?

・初めての学会発表

 

・症例報告

 

・ドクターや他職種を踏まえてのムンテラ

 

特に学会発表などは

大勢の人の前で評価される場。

 

緊張しないわけがありませんよね?

 

初対面の人と話すときに

呼吸が早くなって

うまく話せなかったり、

試験やプレゼンなどの

大事な場面で緊張してしまうと

本来の力を出すことが

できまません。

 

緊張せず、

どんな場面・相手でも

同じ能力が発揮できれば

評価も上がり、

より多くの仕事、

重要な仕事を

任せてもらえるように

なるかもしれません。

 

常に堂々とした

態度でいられれば、

他職種や患者さんからの

信頼も勝ち取りやすく

なります。

 

生まれつき

鈍感な性格の人

もいるかも

しれませんが、

ほんの一握りでしょう。

 

それでも

「緊張しない人」

というのは

自分の緊張を

コントロールし、

ほどよい緊張感でいる

術を身に着けている

のです。

 

リハビリ職が緊張を取る方法①リラックスしやすい深呼吸のコツ

リラックスしている時の

呼吸は必ず深くゆったり

しています。

 

呼吸のコントロールは

自律神経系にも

深く影響しやすいので、

深呼吸をすることで

気持ちもリラックスした状態に

持っていくことができます。

 

逆に、

緊張すると

呼吸は浅く

なります。

 

喉元のあたりや

胸の上の方だけで

呼吸してしまったり、

早い呼吸になっては

いませんか?

 

呼吸から緊張に気付けたら、

まずは、

しっかりと息を吐く

ことを意識してみて

下さい。

 

吸う息よりも

吐く息を長めにする

ことがポイント

です。

 

しっかりと吐けば、

自然と吸気もスムーズに

行うことができます。

 

リハビリ職が緊張を取る方法②タッピングも効果的

緊張すると

体全体の筋緊張も上がり

硬直してきます。

 

そんな時は、

優しく体を

たたいてみて

ください。

 

擦るのも

もちろん効果的

です。

 

手で触ることによる

刺激が筋肉を緩めて

身体をリラックス

させてくれます。

 

気合を入れようと

バシバシと強く

たたく人が多い

ですが、

優しいタッピングのほうが、

より心を落ち着けてくれるため、

効果的です。

 

リハビリ職が緊張を取る方法③白湯を飲む

身体を温めることで

副交感神経を活性化させて、

身体の緊張を緩め、

心をリラックスさせる

ことができます。

 

逆に、

冷たい飲み物は

交感神経を活性化

させるため、

より緊張させてしまう

可能性があります。

 

また、

内臓の疲れが

ホルモンバランスを崩し、

セロトニンや

ノルアドレナリンなどの

分泌を抑制してしまうため、

より緊張しやすい状態を

作ってしまっている

ことがあります。

 

普段から

白湯を飲むことで、

消化機能を促進し、

内臓の疲れを取ることで

「そもそも緊張しにくい身体」

を作ることができます。

 

リハビリ職が緊張を取る方法④ゼラニウムのアロマを嗅いでみる

ゼラニウムの香りには、

「緊張を和らげる効果」

があります。

バラに似た香りの中に

ミントを思わせる

グリーンな香り

がします。

 

ハンカチに

ゼラニウムの

アロマオイルを

数滴垂らしておき、

人前に出る前に

ハンカチの匂いを

かぎましょう。

 

不安になりやすかったり、

物事を否定的に

とらえてしまいがちな人

にとって

ゼラニウムの香りは

安らぎと安心を

与えてくれる

でしょう。

 

【まとめ】リハビリテーション職も緊張を克服しよう

緊張するのは

悪いことでは

ありません。

 

緊張は、

心・身体の

正常な反応

です。

 

ほどよい緊張やストレスは

逆にパフォーマンスを

上げる要素にもなります。

 

緊張をコントロール

できるようになれば

もっと積極的に

興味があることに

チャレンジできるよう

になります。

 

プライベートでも、

よりいろいろな

場所に出向いたり、

多くの人と

関わることが

苦ではなくなるため、

より楽しく毎日が

過ごせるようになる

でしょう。

 

普段から、

「緊張しやすい!」

と貴方が感じているのであれば、

是非、今回の記事を参考に

役立ててみて下さいね!

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2021 All Rights Reserved.