理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

転職・働き方

理学療法士・作業療法士|訪問リハビリ(訪問看護ステーションでのリハビリ)の実際は?

投稿日:

理学療法士・作業療法士による訪問リハビリ、訪問看護ステーションからのリハビリといった

訪問・地域分野は、まだまだ需要があります。

そして、気になる年収・給料も病院・施設に比べ、まだ高い傾向です。

訪問分野に興味があるのであれば、今がチャンスと言えるでしょう。

 

訪問分野は、

働いたことがない

理学療法士・作業療法士にとっては

未知の分野でもあります。

 

しかし、訪問リハビリを含む

訪問関係のリハビリでは

セラピストとしてだけでなく

一社会人としても確実に

ステップアップできる分野

でもあります。

 

そこで今回は、

「訪問分野で働くメリット」

についてお話ししていきます。

 

「訪問分野には興味があるけど未経験だから不安・・・」

二の足を踏んでいる

貴方も大丈夫!

 

訪問分野(訪問リハビリ・訪問看護ステーションからのリハビリ)は、

非常に魅力的で

やりがいがある分野

です。

 

 

リハビリ職が訪問リハビリ(訪問看護ステーション)で働くメリット

メリット①給料・年収等の収入アップが見込める

ここは大事なところでしょう。

基本的に病院勤務等に比べると、

ほぼ間違いなく給料が高いところが大多数

です。

また、

固定給の職場もあれば、

固定給+歩合制の職場

もあります。

 

固定給+歩合制の場合、

固定給は基本的に低くなりがちですが、

歩合制のため訪問した分だけ給与の伸び率が高くなります。

 

「やった分だけ収入が増える!」

というのは、

やりがいを感じやすい部分でもあります。

 

また、

訪問分野での職場選びに

困った場合は

転職サイトを利用するのが1番です。

 

無料で登録でき、

自分の希望する地域や

待遇などで転職先を選んでくれますし、

登録後は自分で転職先を探すこと

もできます。

 

メリット②訪問(リハビリ)時間等を自分で決めやすいためパートや非常勤でも働きやすい

訪問分野は、

決められた御利用者さんの

お宅に伺いリハビリをします。

 

「1件の訪問時間は40~60分が多い」

ため、

「自分の勤務時間をある程度、自由に決めやすい」

のがメリットです。

 

また、

「勤務時間が限定されてしまう子育て中の方」

や、

「副業として働きたい方」

などにもオススメです。

 

さらに、

完全歩合制のところであれば1件の訪問による給料が高い

ところもあるので、

 

「時給制にするか?」

 

「歩合制にするか?」

 

を選べるのも魅力的です。

 

メリット③ご利用者さんの実際の生活をみることが出来る

これは

理学療法士・作業療法士であれば、

すごく大切なことですね。

 

実際に御自宅や施設内での

生活を見てリハビリをすること

が出来るので、

生活をイメージしやすく、

問題点もみつけやすい

です。

 

また訪問では

各御利用者さんの家庭で

リハビリをするため、

施設ほどのリハビリを提供することが難しく、

家庭内で出来るリハビリ内容、

プログラムを考える力が養われます

 

メリット④介護保険・医療保険制度を学べる

訪問リハビリでは、

単に訪問してリハビリする

だけでは終わりません。

 

ケアマネージャーさんや

他職種とのやり取りや

会議も開催されますし、

 

介護度や週毎による訪問回数の限度

 

訪問看護ステーションからのリハビリでは看護師の定期的な訪問が必要

 

医療保険で訪問する場合、通院や往診などがあると訪問できない条件がある

 

などなど、

 

「最低限の保険制度を知っておく必要」

 

があります。

 

リハビリテーションの知識・技術だけでなく、

制度面もしっかりと勉強していれば、

 

それが

自身の付加価値

ともなりえます。

 

メリット⑤営業などもあるため社会人としてのマナー・教養が身に付く

時期によっては

ケアマネージャーさんの

事業所に営業し、

御利用さんの紹介をもらうことが

必要な場合もあります。

 

その時に営業として、

「最低限必要な営業マナー」

が身に付きますし

訪問リハビリでも

基本的に御自宅に伺うため

「訪問時のマナーも必要」

になってきます。

 

また、

リハビリ中に御家族様が

いるような家庭であれば、

「御家族様とのコミュニケーションを取る際に、

一般教養を求められることもある」

でしょう。

 

ここに関しては、

一見デメリットとも捉えられがち

ですが、

一般社会のマナー・教養が身に付くと、

それだけでリハビリテーションの幅が広がること

が多々あります。

 

また、

利用者さんやご家族様とのコミュニケーションや

会話にも困らなくなる

でしょう。

 

これは、

「リハビリ職として大きな武器になる」

ことは間違いないです。

 

【まとめ】リハビリテーション職にとって「訪問」は間違いなく成長できる分野です

f:id:rehast:20190515123322j:plain

今回は、

「訪問分野で働くメリット」

をお伝えしましたが、

それでも、

「やっぱり自分に出来るのかなぁ?」

と思うこともあるでしょう。

 

しかし、

今働いている職場でも、

最初から全てが出来ていた

わけではありませんよね?

 

その職場のマニュアルを覚え、

分からないときは

自分で考え・調べて、

それでも困ったときには

上司や先輩に聞いていた

はずです。

 

訪問分野でも同様です。

 

大抵の職場には、

訪問・営業時のマナーや接遇、

訪問リハビリ時の

マニュアルが作成

されている筈です。

 

そして、

初期研修もある職場が大多数

です。

 

まずは、

そこから学んでいけば良い

のです。

 

分からなくなったり、

困ったときは、

今まで働いてきたように・・・

自分で調べたり・考えて

それでも解決しない場合は

先輩・上司に相談すれば、

きっと相談に乗ってくれる

はずです。

 

そうすることで徐々に

訪問分野

(訪問リハビリ・訪問看護ステーションからのリハビリ)

に慣れてきます。

 

もし貴方が

訪問分野に興味があるけど

心配や不安で、

まだ動けないのであれば、

「まずは職場見学からでも始めていくことをオススメ」

します。

 

時間は自分の一番、貴重な財産です

 

何もしなければ、

大切な時間という財産を

無駄に浪費してしまうだけ

です。

 

是非、一歩を踏み出す勇気を持ってみましょう

 

 

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.