理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

給料 転職・働き方

理学療法士・作業療法士|病院勤務は収入・給料が低い?

投稿日:

理学療法士・作業療法士が病院勤務していると気になるのはやはり年収(収入)

年々、給料の低下が叫ばれていますが本当にそうでしょうか?

 

理学療法士・作業療法士の

病院での収入は年々、低下傾向にある

と言われています。

 

収入アップを図るには、

転職が一番手っ取り早い

でしょう。

 

特に、

訪問分野では病院に比べ給料が高い求人が多く魅力的

です。

 

しかし、

病院勤務でも収入を上げることは簡単ではありませんが可能

です。

 

よく考えてみて下さい。

 

平均年収は・・・

 

あ・く・ま・で・平均の年収

 

なのです。

 

つまり、

 

平均年収ぐらいの収入のセラピスト

 

平均年収以下の年収のセラピスト

 

もいれば・・・

 

平均年収以上の収入を得ているセラピスト

 

も居なければ、

平均の釣り合いが取れません

 

要するに、

「平均年収以上の収入を病院勤務で得ているセラピストも多数いる」

ことは間違いないのです。

 

 理学療法士・作業療法士が病院勤務で給料(年収)を上げる方法

リハビリ職としてリハビリテーションの技術・知識を研鑽する

これはどこの職場でも一緒ですね。

リハビリテーションセラピストとしての知識・技術を常に研鑽し、

臨床で結果を出し続けることで周りの評価

も変わってきます。

 

そして、

周りの評価が変わってくるということは、

収入面でも周りと差がつく一つの査定対象

となるでしょう。

 

理学療法士・作業療法士として後輩指導の方法を身に着ける

いかに自身の臨床で結果を出せていたとしても、

個人で結果を出すには限界

があります。

 

そこで、

いかに上手く後輩指導をしていき後輩が臨床で結果が出せるようになっていくか?

が大切になってきます。

 

臨床で結果を出せるセラピストを指導・輩出できるようになれば、

そこでも査定対象として差が付きますからね。

 

リハビリ部門の部下教育・病院組織の管理等のマネジメント能力を学ぶ

ここに関しては多くの役割があります。

 

まずは、

理学療法士・作業療法士部門のリーダーとしての役割

 

さらには、

リハビリテーション部門のリーダーとしての役割

 

または、

院内での各委員会での委員長・リーダー

 

など病院では多くの役割があります。

 

その部門で、

自分の役割だけでなく、

部門が上手く周るようにマネジメントしていくことで、

組織にとって必要な人材とされ、必然的に給料も上がっていく

ことでしょう。

 

【まとめ】リハビリ職が病院で収入を上げるには?

現状では、

病院勤務で収入を上げるとしたら、

セラピストとしての知識・技術を研鑽する

だけでは不十分

です。

 

リハビリテーションセラピストとして、

院内で最低限必要な治療技術はもちろんですが、

その上で、

各部門を管理できるマネジメント能力があることで、

病院勤務でも収入を増やしていくことが見込める

でしょう。

 

病院・クリニックと訪問・地域分野は、

どちらとも魅力的な部分が多いです。

 

しかし、

病院勤務で収入・給料を上げていきたい

のであれば、

今回の記事を参考に働かれてみてはいかがでしょうか?

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-給料, 転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.