理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

転職・働き方

理学療法士・作業療法士の貴方!「習慣化は得意ですか?」続けられる人とそうでない人の違いとは?

投稿日:

「運動を習慣にして、ダイエットをしよう!」

 

「学習を習慣にして、もっと知識をつけたい!」

 

「早起きを習慣にして、朝活してみたい!」

 

そう意気込んでも、

結局挫折してしまったこと、

ありませんか?

続けること、

習慣化することは

良いことだと

誰もが分かっていながら

なぜ続けられないのでしょうか?

 

貴方がやろうと決めたことを続けられないのには理由があります。

 

それは・・・

 

・習慣化ができない理由

 

・習慣化することで得られるメリット

 

を知ることで、

習慣化しやすく

目標の達成率を

上げることができます。

 

≪関連記事≫

【効果は抜群!】理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が仕事効率化アップするための「朝と晩のルーチン化」【効率的な生活】

 

働く理学療法士・作業療法士は抑えておきたい|習慣化のメリット

そもそも習慣化するとなぜ良いのでしょうか?

そのメリットを考えていきましょう!

 

メリット①少ない労力で行えるようになる

気合を入れて意識的に

行わないとできなかったことが

考えずに当たり前に出来る

状態になります。

 

歯を磨いたり顔を洗ったり、

トイレに行ったりすることに

「よし○○しよう!」

と意識的にすることはないですよね?

 

これが習慣化されている状態になります。

 

始めの頃は・・・

「どうやったらいいか?」

 

「何をしたらいいか?」

 

を考えながら進めていくため

疲れますし時間もかかります。

 

それが習慣づいてくると

その考えるプロセスが減るため

楽に作業が行えるようになります。

 

メリット②確実な成果が出る

何かを身に着けるには・・・

「およそ1000時間の

プラクティスが必要」

と言われています。

 

これを
「1000時間の法則」

と言います。

 

更には、

いわゆる

「一流と呼ばれるレベルに達するには

10000時間を費やす必要がある」

とも言われています。

これを
「10000時間の法則」

と言われています。

 

どんな目標を

達成するにしても、

ある程度の時間を

費やす必要があります。

 

言い換えれば、

「1000時間続ければ、

周りから認めてもらえる

レベルまではいける」

ということになります。

 

メリット③自分に自信がつく

自分の行動が

良い方向に近づいたり、

小さくても成果が出る

などの

成功体験を感じることで、

自分に自信を付けること

ができます。

 

習慣化できる

ということ自体が

一つの成果でもありますし

そこに、

結果が加われば

とても大きな自信に

つながります。

 

小さなことですが、

このことがきっかけで、

より大きなものに

挑戦しようと思える

ようになります。

 

リハビリテーション職種の貴方は当てはまる?習慣化に失敗する理由とは?

あなたが、

習慣化に失敗してしまうのには

原因があります。

 

その理由は・・・

 

①一度の目標設定が高すぎる

 

②完璧を求めすぎる

③すぐに結果を求めようとする

 

この3つです。

 

【理由①】一度の目標が高すぎる

目標を立てた時は、

やる気もあり

モチベーションが高い

状態です。

 

その勢いのままに

2,3日ぐらいは継続する

ことができるかもしれません。

 

しかし、

あまりにゴールが遠すぎると

「いつになったら達成できるんだろう…」

とペース配分も測れず

失速してしまいます。

 

モチベーションも下がり、

「結局続けられずに

やらなくなってしまう」

ということになります。

 

 

理由②完璧を求めすぎる

「毎日ウォーキングする!」

と目標を立てたとします。

 

しかし、

「ある日雨が降って達成できなかった」

または

「旅行などイレギュラーな予定が入った」

などの、

自らに原因があってもなくても、

一度決めたことを

破ってしまったとします。

 

そうすると、

一気にやる気をなくし、

その後も、

ペースを戻すことが

できずにやめてしまう

場合が多いです。

 

理由③すぐに結果を求めすぎる

目標を立てたとして、

 

「それがいつ達成できるのか?」

 

「そもそも達成できる妥当性があるのか?」

 

をまずは考える必要があります。

 

結果というのは

モチベーションアップにつながり、

更に継続するための

ポジティブな要素です。

 

逆に、

結果が出ないとなると

モチベーションを

下げてしまう大きな要因

になります。

 

しかし、

結果が出るのには

時間がかかる場合も多い

です。

 

自分の決めたことは、

短期的に、

「集中して結果が出るのか?」

長い目で見て、

「しっかりと積み重ねていく必要があるのか?」

を判断し考えていく必要

があります。

 

【まとめ】リハビリテーション職種こそ「習慣化」を身に付けましょう

いかがでしたでしょうか?

 

貴方が、

なぜ続けられないのか

わかりましたか?

 

「継続は力なり」

と言いますが、

何か一つでも

続けることができれば

他のことにも

挑戦しやすくなります。

 

継続力を身に着けて

仕事のパフォーマンスアップ

にもつなげていきましょう!

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

#理学療法士 #作業療法士 #リハビリ #習慣化

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.