理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム 転職・働き方

理学療法士・作業療法士|勉強・学習が苦行になっていませんか?

投稿日:

突然ですが、貴方は子供のころ、

こんなこと

言われたことは

ありませんか?

 

「子供は勉強するのが仕事だ!」

 

みたいなの。

 

これ、

ものすごい違和感を感じるのは

自分だけなんでしょうか?

 

大人は勉強しなくて良いんでしょうか?

 

そんなはずがないことを

理学療法士・作業療法士の貴方なら

知っていますよね?

 

理学療法士・作業療法士は研鑽を続ける日々こそ大事

未だに世の中は

知らないことだらけですし、

人々が口にはしないが

裏では動いているメカニズムや法則

 などは、

まだまだ解明の余地がある

と言っても良いでしょう。

 

そして・・・

 

新しい技術は次々に登場

 

します。

 

大人が勉強しないで済むほど

平和な世界ではないと言える

のは間違いないです。

 

理学療法士・作業療法士といった

医療従事者なら

なおさらのことですよね?

 

リハビリテーションの評価

 

に始まり

 

治療アプローチ

 

ハンドリング

 

ポジショニング

 

各疾患の病態の実態

 

回復過程の実際

 

などなど、

リハビリ職に必要な

知識や技術は

日進月歩で進んでいます。

 

さらに、

 

福祉用具・機器

 

ITテクノロジー

 

などを含めたら、

リハ職として

勉強・学習することは

山積みです。

 

なのに

子供に限らず、

実習の学生さんに

「勉強することが本文だ」

と言いつつも

そのセラピスト自身が

余り勉強していなかったとしたら・・・

 

あまりにも滑稽すぎますよね?

 

自己犠牲を肯定する

つもりはありませんが、

プロの理学療法士・作業療法士

として、

学生に指導する場面が来たのであれば・・・

それは言葉だけでなく

「自身の背中・行動で見せるべき」

なのです。

 

確かに日々の臨床や業務に追われ

疲労する日々であるのを、

私たちは知っています。

 

ただ、それでも

目標・目的を持った」

社会人・セラピストさんは

自ら進んで勉強・学習

をしているはずです。

 

プロの理学療法士・作業療法士ならば「言葉」だけでなく本質を見極めよう

最後になりますが、

もう一点違和感を感じる部分は、

自分が勉強する姿勢を見せないで

子供や学生さんには

「勉強させようとする」

ところです。

 

要は・・・

 

「勉強がただの罰のようになっている」

 

のです。

 

 

本来、勉強・学習とは、

「より生きやすくするための技術の習得」

であるのに、

本質を見誤っている

と言わざるをえません。

 

今回の記事をみて

少しでも

「ドキッ」

と感じたのであれば、

是非、明日から・・・

いや今日から勉強・学習する癖を

つけてみてはいかがでしょうか?

 

努力は貴方を裏切りませんよ!

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

#理学療法士 #作業療法士 #勉強 #学習

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム, 転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.