理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

理学療法士・作業療法士|脳を使うとカロリーを消費する?ということは痩せれるのか?

投稿日:

昔から脳を使うことでカロリーが消費されておなかがすくと言われていますが

これは本当のことなのでしょうか?

 

実は脳は人が生きている限り最大のエネルギーを使うのですが、

カロリー消費量が増えるというわけではないそうです。

 

脳を使うとブドウ糖を消費するのでダイエットになりそうですが、

脳のエネルギーはブドウ糖のみではありません。

 

それを、

勉強して消費される僅かながらのカロリーは

1分につき体重1kgあたり0,0295キロカロリーと言われています。

 

これを基に、

性別、年齢を踏まえた上で勉強での消費カロリーを計算すると

おおよそ1kg体重を減らすには

7200キロカロリー必要と一般的に言われていますから、

1時間で減るカロリーを約100キロカロリーとすると

72時間の勉強が必要ということになります。

 

これは脳を使っていることでカロリーが減っているという現象ですね。

 

ここに身体を動かすことで得られるカロリー消費もかかってきますから

実際はもう少しカロリー消費される計算になります。

 

 

脳の消費カロリーはリハビリ現場で知っておく必要がある?

さて、ここで考えていただきたい事柄は

「脳が働くことでカロリーを消費する」ということです。

 

病院食や施設の食事ではおおよそ1500~1700kcal、

塩分約8g以下を目安として構成されているといわれています。

 

前述したように、脳を働かせるのにカロリーは必要になります。

 

考えたり話したりすることでカロリーを消費しています。

 

勉強を1時間することで100kcal消費するとしていますが

高齢者が話したり考えたりすることも同様のカロリー消費をするとしたとして

1500kcalの食事摂取量であれば15時間ほどしか生活できません。

 

ということはですよ?

 

運動したり歩いたりすることによる消費カロリーって

本当にこれで足りているのでしょうか?

一度検討する必要がありますね。

 

 

勉強することで痩せることはできるのか?

さて、それでは病院のことから日常生活のことに話を戻してみましょう。

 

勉強すると脳の血液量が増加して糖の消費につながるから

ダイエットになるのではないか?という切実な希望が見えてきそうですが、

実はそうではないそうです。

 

人間の脳は生きているかぎり、最大限のエネルギーを使っています。

 

つまり考えたり、脳トレをしたりすることで、

脳のカロリー消費が増えるわけではありません。

 

逆に勉強に集中するとカロリー消費は少なくなるかもしれません。

 

集中していると食事をすることを忘れます。

 

空腹時のほうが集中が続いているという経験は少なからずあると思います。

 

そうすることで摂取カロリーを抑えることにつながるかもしれませんね。

 

 

どれだけカロリー摂取が必要なのか?

70歳以上の高齢者では、男性は21.5Kcal/Kg 体重/日、女性では 20.7Kcal/Kg 体重/日
と言われています。

 

この基礎代謝量に、活動係数を掛けたものが必要エネルギー量になります。

 

大まかには、男性 22、女性 21 をかければよいでしょう。

 

高齢者の基礎代謝量は、(男性 22、女性 21)×体重(Kg)で、
これに活動係数を掛けると、必要エネルギー量になります。

 

リハビリをする際の活動係数は、ベッドサイドリハビリでは、1.2と言われ、
20 分の筋力トレーニングであれば、1.3 程度です。

 

1 時間の筋力トレーニングであれば、1.3~1.4 程度です。

 

例えば、75 際の男性で体重 50Kg の方に、
1 時間の筋力トレーニングをするのであれば、 22×50×1.4=1540Kal となります。

 

是非、参考にしてみて下さいね!

 

リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

#理学療法士 #作業療法士 #リハビリ #ダイエット

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.