理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

転職・働き方

理学療法士・作業療法士 | 介護施設(老健)への転職のポイント

投稿日:

リハビリテーション職種は、

急性期病院、回復期病院、

そして在宅分野と様々な就職先がありますが、

介護施設(老健)への転職も多い

というのをご存知でしたか?

 

理学療法士・作業療法士は知っておくべき|介護老人保健施設(老健)とは?


介護老人保健施設(老健)は、

病院を退院しても、

すぐに自宅に戻ることは

難しい高齢者に、

在宅復帰をめざした

医療ケアやリハビリを行う施設

です。

 

入居期間は原則3カ月で、

3カ月ごとに

入所継続か退所かの

判定が行われます。

そのため、

他の老人ホームと比べて、

入所・退所が多くなります。

 

介護施設は老健以外にも、

 

特養(特別養護老人ホーム)

 

有料老人ホーム

 

グループホーム

 

など多くの種類が

ありますが、

「家」としての

位置づけとなる他の介護施設と、

「在宅復帰のための施設」である老健では、

サービスも変わってきます。

 

老健は他の介護施設と比べて、

より「医療」に近く、

医療法人が運営していることや、

病院に併設しているケースが多い

です。

 

理学療法士・作業療法士が行う老健における実際の仕事内容は?


介護老人保健施設での

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は

利用者に対する評価と

リハ計画の作成、専門的リハの提供、

介護職も含めて実践する

生活機能向上プログラムの指導

を行います。

 

それに加えて

入所・退所の判定会議や

サービス担当者会議、

他職種連携のための会議

など、

会議としての業務が多くなる

ことも特徴の一つ

です。

 

介護老人保健施設では、

施設の規模にもよりますが

セラピストは最低でも2名。

 

大きい施設では

6名以上のところ

もあります。

 

介護老人保健施設では

理学療法士や作業療法士、

言語聴覚士は中心となる戦力

なのです。

 

しかし、

介護老人保健施設で働くことに

躊躇しているセラピストさんが

多いのも事実

です。

 

どうしても、

維持期のリハビリテーションは

変化が得られにくく、

やりがいを感じにくい所

があります。

 

しかし、

急性期は自然治癒力によるものが大きく

リハビリに頼らなくても結果が出ますが、

維持期では、

それがありません。

 

それだけにセラピストの腕が問われるのです。

 

急性期や回復期では

治らなかった方が、

維持期で治せた時の

達成感は病院では得られません。

 

病院の場合、

教育制度が整っている場合が多く、

同僚が複数名いる場合が

ほとんどであるため、

新人には成長しやすい環境である

と言えるかもしれません。

 

同じリハビリ室内に

他の理学療法士がいることも、

経験の浅い理学療法士には

頼もしく感じることでしょう。

 

対して介護施設では、

周りの目も少なく

自分の治療方法に

気をかけてくれる存在は

あまりありません。

 

対象も、

内科的疾患を合併していたり、

症状が非典型的な高齢者が多いため、

介護施設では、

経験のあるセラピストの方が

向いているとも言えます。

 

また、

基本の給与が

病院よりも高く設定

されていたりする

こともあります。

 

その他にも、

病院と比べて

非常勤でも働きやすいところが多い

というメリット

もあります。

 

老健で必要なのはチーム力・コミュニケーション能力


老健の目的は、

入居者が自宅に戻る

こと。

 

そのため、

病院以上に

看護師などの医療スタッフに加え、

ケアマネージャーや

介護スタッフとの

連携が求められます。

 

職種の違いや経験・価値観の違う人たちが

一緒に働く職場では、

軋轢が生じがちです。

 

しかし、

そのような

多職種で働く職場は

他では得られない

おもしろさがあります。

 

「どちらが正しい」

ということではなく、

視点が違うからこそ、

入居者を多方面から

サポートできるはずです。

 

【まとめ】老健で活躍するセラピストになりませんか?

介護老人保健施設(老健)でのリハビリテーション職種は、

 

・複数の疾患を合併した利用者のリハビリにも対応すること

 

・会議でのセラピスト目線での意見提供

 

・他職種とのコミュニケーション

 

が求められます。

 

介護老人保健施設(老健)で働くメリット

 

・セラピストの実力をみせることができる

 

・給与が高い

 

・非常勤などの融通が利きやすい

 

が挙げられます。

 

老健が他の施設と大きく違う所は

「在宅復帰を目指す場」

ということです

 

高齢化社会を迎え、

リハビリのニーズは

年々増え続けています。

 

病院とは違った形で、

リハビリテーション職種としての

働き方を探してみませんか?

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

#理学療法士 #作業療法士 #リハビリ #転職 #老健 #給料 #介護老人保健施設 #働き方 #仕事

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.