理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

非科学的な根拠に惑わされないで!正しい医学的知識を選べるようになろう

投稿日:2019年11月7日 更新日:

世の中には健康情報がたくさん投稿されています。

しかしながら、「それは科学的にどうなの?」という投稿も見受けられ

真偽がわからず曖昧なままにしていることってありませんか?

なぜ、根拠に基づかない情報が拡散されるのでしょうか?

 

背景にあるのは、根拠云々より

「感情」を揺さぶるコンテンツが拡散されやすいという現実があるからです。

 

善意からのシェアに気をつけて!!

情報が拡散される原因としては

皆さんの善意からくるシェアが圧倒的に拡散されます。

それは「あなたの感情」が震わされているからです。

2016年に行われた、アメリカ大統領選では、

クリントン候補を誹謗中傷するような

フェイクニュースがSNSを通じて拡散され、

選挙の結果に一定の影響を与えたのではないかと指摘されています。

 

BuzzFeed Newsによる報道で、

人口200万人ほどのヨーロッパの小国・マケドニアの若者たちが、

これらフェイクニュースを量産していたことが判明し、

大きな話題になりました。

 

若者たちの動機は政治的なものではなく、

「そのほうが儲かるから」だったとされています。

 

このように、感情的であればあるほど、

人の感情は「気になる」ものです。

これは人間の性であり、致し方ない面もあると思いますが

せめて命に直結する医療や健康の情報は

正しいものをシェアしてほしいものですね。

 

「毎日1万歩あるくと健康になれる」は嘘だった!?

徒歩, パス, 足, 歩道, 靴, スポーツ, 脚, 女性, 若いです, 運動

健康志向の方が毎日歩いたり走ったりする風景は

様々なところで見受けられています。

 

中には、毎日1万歩~2万歩は歩いているという方も少なくはありません。

確かに毎日の健康維持にはウォーキングは適切な運動かもしれません。

 

実は、これでは歩き過ぎだと知っていましたか?

歩き過ぎると疲労が身体に残ってしまい免疫機能が低下し、

かえって病気になりやすい体になってしまいます。

適切な歩行距離としては「1日8000歩」×「そのうち20分を早歩き」というウォーキングが

今の現代人にとって必要な歩行距離なのです。

 

あなたの体も廃用症候群になりつつあります

ビジネス, キャリア, 意気消沈した, 従業員, 疲れ, 式, 女性, 頭痛の種

今の現代人にとって、歩くという動作自体が徐々に減りつつあります。

仕事中もオフィスでパソコンの前に座って

デスクワークが中心であったり、

移動時もタクシーや車で移動することが大半を占めます。

 

私自身も訪問の移動中は車で移動することが多く、

一日3,000歩歩くかどうかというところです。

皆さんは毎日何歩くらい歩いているか把握していますか?

 

もし把握していないのであれば、スマートフォンに入っている

健康アプリを起動してみてください。

(iPhoneならヘルスケアというアプリが標準装備されています)

その日一日の歩数が記録されていますよ。

 

身体を動かす機会が少なくなりつつある現代で

運動が必要だという認識は間違っていません。

しかしながら、体を動かしすぎることで

身体を壊してしまっては元も子もありません。

 

適切な運動量で運動できるように、

自分の体を調整していきましょうね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.