理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

学習

理学療法・作業療法|収縮期血圧と拡張期血圧

投稿日:2019年11月23日 更新日:

おはようございます。

毎週土曜日、リハビリ専門コラム(内部障害)担当の眞鍋です。

 

今回は血圧についてのお話です。

 

血圧って、臨床で測らない日はないと思います。

 

それくらい我々理学療法士、作業療法士はもちろん

医療者は血圧をバイタルサインとして日々活用しています。

 

なんとなく知っているけど意外に知らない血圧のこと。

 

今回はその代表的な指標である

収縮期血圧と拡張期血圧についてお話します。

 

 

 

1.血圧の基本

 

血圧の基本的な事項を押さえましょう。

 

血圧と言えば、理学療法士・作業療法士が

リスク管理に用いる客観的評価の中でも

最も使用頻度が高いのではないでしょうか?

 

私も一日に一回は必ず患者さんの血圧測定をしていると思います。

 

リハビリテーションの中止基準にもたくさんの数値が記載されています。

 

では、そもそも血圧って何なのか?

 

そこを最低限理解しておかないと、

ただ基準値に当てはめているだけではリスク管理とは言えません。

 

それはリスク管理ですらないってことをよーく覚えておいてください。

 

血圧とは、

血管の中にある血液が血管壁を内側から押す力(圧力)

のことを言います。

 

血圧=血流量×末梢血管抵抗

の式が成り立ちます。
つまり、

これらが血圧の規定因子となり得るということになります。

 

血液が血管を中から押すのは、

心臓が収縮して血液を前方に押し出すことができるからですね。

 

では、

心臓が収縮していない時は血液が流れていないかというと、

そうではありません。

 

血液は常に流れています。

 

その仕組みは、大血管の弾力性にあります。

 

2.大動脈が血圧に果たす役割

 

大動脈は弾性型動脈とも呼ばれ、

血液の伝導に重要な役割を果たしています。

 

このように血管にはいくつかの種類があります。

 

弾性型動脈は弾力性があるのが特徴であり、

心臓の収縮期に送り出された血液を

うまく吸収してクッションの役割を果たすと同時に、

その血液を心臓の拡張期にも弾力性を利用して送り出すことで

持続的な血液の流れを生み出しているのです。

 

こちらの図をご覧ください。

 

図に示した通り、

心臓が収縮しているとき(収縮期)には

心臓の収縮によって大動脈弁が開き、

血液は大動脈へ流れます。

この時の血圧が最も高く、

最高血圧(収縮期血圧)と呼ばれます。

 

その時、弾力性のある大血管がびよーんと伸びて血液を受け止めています。

 

そして、心臓の収縮が終わり、大動脈弁が閉じると心臓からの血液の流出はなくなります。

 

しかし、先ほど受け止めていた血液が弾力性によって押し戻され、再び血液が流れます。

 

この時の血圧のことを一般的に

最低血圧(拡張期血圧)と呼びます。

 

これで大血管の弾力性が

血圧に大きく影響していることが分かると思います。

 

血管というのは加齢に伴ってある程度硬くなります。

 

それが血圧に影響すること、

血圧に影響するとそれが全身に影響することをこれから学んでいきましょう。

 

また、血圧計で計測できるのはこの二つですが、

実は血圧にはまだ種類があります。

平均血圧と脈圧です。

 

これらはあまり活用する機会はないかもしれませんが、

患者さんの病態の理解に役に立つケースもありますし、

少し計算すれば簡単に出てきます。

 

これもまたお話していきますので少しずつ血圧への理解を深めていきましょう。

 

 

まとめ

 

  • 収縮期血圧は心臓が収縮した時の血圧
  • 拡張期血圧は大血管の弾性によって生じた血圧
  • 血圧には脈圧と平均血圧もある
  • 現場での判断には収縮期血圧と拡張期血圧
  • 病態の理解のは脈圧と平均血圧

 

 

質問はこちらまでお願いします。

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

【著者プロフィール】

真鍋 周志

急性期病院勤務理学療法士

専門は内部障害系理学療法

理学療法士が生涯学べる環境を作りたいと考えています。

ブログ:http://gigaantena.com/ptstudy/

FB:https://www.facebook.com/reha.internal/

 

#理学療法士 #作業療法士 #リハビリ #循環器 #循環器リハ #血圧 #収縮期血圧 #拡張期血圧

 

 

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-学習

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.