理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

給料 転職・働き方

理学療法士・作業療法士が転職に後悔する理由とその対処法

投稿日:2019年11月27日 更新日:

リハビリテーション職種をはじめ、

医療職種というのは、

転職が多い職種です。

 

しかし、

転職したことを後悔している人は

3~4人に1人程度いる

と言われています。

 

希望に満ちて転職したはずなのに、

なぜ転職したことを後悔する人がいるのでしょうか?

 

その人たちは、

何に対して後悔しているのでしょうか?

 

 

リハビリテーション職種が転職後、後悔してしまう4つの理由

仕事内容に対する不満

実際に入社してみたら、

「思っていた仕事と違っていた」

ということもあるでしょう。

仕事内容が希望どおりでないと、

「これでは何のために転職をしたのかわからない」

という後悔につながりやすくなります。

 

こういったケースには、

入社した後に状況が変わってしまったパターンもあれば、

やりたい仕事に就けたとしても、

実際にその仕事に就いてみてわかる

厳しさや大変さもあります。

 

また、リハビリテーション職種のような同じ業種であっても、

仕事の進め方はそれぞれの職場によって違います。

仕事の進め方や人間関係で苦労する人も一定数いるようです。

 

待遇に対する不満

入社してみたら想定よりも残業時間がかなり多かったなど、

求人票に書かれていた待遇と

実際に提示された労働条件が異なっていた、

ということもあるでしょう。

 

給与面に不満を持ち、

給料の高い会社へ転職した人が、

実は前の職場の方が良かった

と気付くケースもよくあります。

 

この失敗パターンは、

福利厚生などの諸制度を考慮していなかったことが

原因である場合がほとんどです。

給与やお金という目に見える形だけではなく、

総合的な判断をするようにしましょう。

 

職場環境に対する不満

職場環境についての不満でよく耳にするのが、

人間関係です。

入社してみないとわからない所も多いため、

事前の判断がつきにくい部分でもあります。

 

また、地方にある地元にUターン転職する人も増えていますが、

ここも注意が必要です。

地方で仕事をする場合、

会社まで車で通勤する必要が出てきたり、

生活スタイルを大きく変えないといけなかったりする場合も。

さらに、都市部で働くよりも給料が下がるケースもあります。

加えて、地方はコミュニティが狭く、

仕事でもプライベートでも知っている人に囲まれ、

思わぬ人間関係に悩むケースもあります。

 

 

後悔しない転職先を探すためのポイント

できる限りの準備をしておくことで、

転職後に後悔するリスクを

できる限り低くすることができます。

 

自分が最も重要だと考える要素(転職軸)を決める

「どうして転職をしたいのですか」と聞くと

いろいろな不満や理由が出てきます。

実際に、転職を意識したときの理由は

ひとつではないという場合がほとんどです。

しかし、これらの問題の中にも重要性には差があるはずです。

 

転職をすることで、

最も解決したい問題や、

叶えたい希望が何なのか、

よく考えてみてください。

 

自分の軸が定まっていない状態で

転職活動を始めてしまうと、

一番の理由ではない部分で転職してしまい、

後悔するという事態にもなりかねません。

 

なぜ転職をするのか、

転職した先でどのような自分になりたいのか、

事前にしっかり検討しておく必要があります。

 

企業研究をする

入社する前に、できる限り情報を集めておきましょう。

今は、インターネット上で

多くの情報を

チェックすることができます。

実際にどんな患者層が来ているのか、

具体的にどういった仕事をしているのか、

自分が任される仕事はどのようなものになるのか

についても見ておく必要があります。

 

また、面接の際は、

実際の1日の仕事の流れなどを聞いておくと、

働き始めた後の生活を想像しやすくなります。

 

 転職エージェントを活用する

転職エージェントは、

業界に関する様々な情報を多く持っています。

個人で企業研究をするだけでなく、

転職エージェントを利用することで、

より多くの情報を手に入れることができるようになります。

 

特にセラピスト向けに特化したエージェントであれば、

より詳細に自分の希望に近い職場を提案してくれ、

自分自身の思いもよらなかった情報や転職におけるポイントを

教えてくれることがあります。

関連記事:

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

 

転職前に現状の改善と打破を目指す

転職に後悔しているにもかかわらず、

そのままの環境で働き続けるのは、

多大なストレスになります。

 

しかし、

まずは職場の環境と自分自身を

もう一度見つめ直してみてください。

原因を探って対処法を探し、

それでもダメなら、転職を視野に入れることになります。

 

現在の職場に不満がある場合、

悪い点は全て職場にあるのか一度考え直してみましょう。

実は、自分のスキル不足や仕事に対する姿勢に非があることが

原因ということもあります。

 

焦って転職をすると後悔につながるおそれもありますから、

慎重に準備を進めるようにしてください。

 

 

【まとめ】セラピストも賢く転職しよう

「失敗した!」

と思っても、

すぐにまた別の企業を探すというわけにはいきませんから、

転職先の検討は慎重に進めなければいけません。

 

転職は人生の大きな選択のひとつ。

自分の状況を客観的に的確に捉え、

できるだけいい環境へ移れるよう、

日頃から準備を進めておきましょう。

 

とはいえいざ転職活動を行おうとすると、

ためらうものです。

しかし、人生は選択です。

転職するか、現職の職場に残るかはあなたの選択次第です。

「転職をする」

という選択をする際は、

覚悟を決めて行動に移しましょう。

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

#理学療法士 #作業療法士 #リハビリ #職場 #転職 #後悔 #働き方 #リハストリート

 

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-給料, 転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.