理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

理学療法士・作業療法士 | 部下・後輩の指導は苦手ですか?得意ですか?

投稿日:2019年11月29日 更新日:

理学療法士・作業療法士の皆さんも、

一度は後輩や部下の指導で

悩んだ経験があるかもしれません。

 

ちゃんと指導しているのに、

なかなかうまく伝わらなくて悩んでいる…

そんな人は意外と多いようです。

 

リハビリテーション職種の場合、

後輩だけでなく

実習生の受け入れなどもあるため

指導をする機会は

少なくない職場環境と言えます。

 

 

では、後輩指導で意識したいポイントとは何でしょうか。

 

リハビリテーション職種にとって後輩指導は大事な仕事です

指導したことを部下が理解してくれない

何度注意しても部下が仕事のミスを連発する

部下に社会的な常識がなさ過ぎる

部下とのジェネレーションギャップが大き過ぎて戸惑う

部下の能力が低過ぎて途方に暮れている

 

そんな風に悩んでいるセラピストも多いかもしれません。

 

理学療法士・作業療法士というのは

知識・技術の追求が先行されがちですが、

一流のプロスポーツ選手が、

一流のコーチ・監督になるとは限らないように、

「優れたプレイヤー」が、

「優れたマネージャー」になるとは限りません。

 

プレイヤーは与えられた職務を

しっかりと遂行することが求められるのに対し、

マネージャーは「チーム」を考えること、

マネジメント能力が求められます。

 

「マネジメント」を知らない人間が管理職になると、

「自分の中の基準」

「自分の中の当たり前」を、

そのまま部下に当てはめてしまおうとします。

 

そうすると、部下・後輩はついて行けずに、

モチベーションを失ってしまうことにもつながります。

職場の雰囲気が殺伐としたり、

人材が育たず、

小さな問題、小さなトラブルが

起きやすい職場になってしまいます。

 

部下・後輩をほめる時のポイント

事実ベースで褒めて、一緒に喜ぶ

部下が成果を上げた時には、

具体的事実で、掛け値なしで褒めることが大切です。

 

できたことはできたと100%褒めましょう。

どこがどうよかったのか、

具体的事実で伝えることが大切です。

 

「頑張ったね」では褒めたことになりません。

 

また、事実で褒めることは大切ですが、

そこにひと言、

「私もすごく嬉しい」

「私も鼻が高かった」と、

自分の気持ちを添えて伝えましょう。

よりコミュニケーションの密度が高まり、

信頼関係も生まれます。

 

部下・後輩を叱るときのポイント

事実で叱り、解決策は情報共有

「全然できてない」

「ちゃんとしろ」と

あいまいに叱ってはいけません。

「レポート(論文)にミスが4つあったよ」

「○〇の評価ができてないよ」

と具体的な事実を取り上げて指摘しましょう。

 

そして、その失敗+解決策はチームで共有しましょう。

ミスやトラブルは隠さないようにします。

「ミスしたことをみんなに話すと傷つけるんじゃないか」

と思う人もいるからもしれませんが、

これは正しい気遣いとは言えません。

 

「失敗をバラす」という考え方ではなく、

チームにその解決策を共有することが目的なのです。

 

「報連相」は自分から行い、できるだけ後輩に任せる

「報連相」は社会人の基本。

ですが、

上司であるあなたから、

部下やチームに報連相しているでしょうか。

 

「うちの部下は報告が遅いんですよ」

「もっと早く相談しろよ」と、

後輩からの報連相に対して

不満を持っている上司はたくさんいますが、

実際は、上司側が部下に対して報連相ができていないことが多いのです。

 

仕事を渡してチャレンジさせることは、

人材育成の方法として有効な方法の一つです。

しかし、仕事を渡すということは、

上司にとっても大きな不安の種になります。

 

仕事を渡す時は、なぜそれを頼むのか、

そのねらいや理由を最初にきちんと伝えます。

そして仕事を渡したら、

あとは口を出さずに見ていてあげることが大切です。

「信じて任せてくれている」

と感じてもらうことが、

その仕事を成功させ、部下に成長してもらう一歩です。

 

 

マネジメント能力を養って指導力のあるリハビリテーション職種になりましょう

指導には、当然ながら

「コミュニケーション」

が鍵となります。

効果的な指導ができるよう、

コミュニケーションスキルを養うことも必要になってきます。

 

マネージャーに求められるのは「人格」であり、

「マネジメント能力」です。

部下を育成し、評価し、やる気を引き出すこと。

常に部下を気にかけ、しっかりと観察・分析し、

適切なコミュニケーションをとる能力です。

 

もしあなたが、指導する立場になったとしたら、

自身の「役割」「影響力」と真摯に向き合ってみましょう。

 

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

#理学療法士 #作業療法士 #リハビリ #部下 #後輩 #指導 #マネジメント #コミュニケーション #リハストリート

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.