理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

学習

理学療法・作業療法|リスク管理に必要な知識~アンダーソンの基準土肥変法~

投稿日:

おはようございます。

毎週土曜日、リハビリ専門コラム(内部障害)担当の眞鍋です。

 

前回に引き続き、

リスク管理関係のお話になります。

 

前回の記事はこちら:

理学療法・作業療法|収縮期血圧と拡張期血圧

 

一度は耳にしたことがあり、

実習や国家試験などで必死で覚えたはずです。

 

土肥アンダーソンの基準

 

セラピストでこれを知らない人はいないはずです、

知らないとしたら非常にまずいので

ぜひ知っておいてください。

 

全部を丸暗記するのは大変です、

手帳などに挟んでおいてカンペにするといいと思います。

 

ネット上であちこちに記載されている物であり、

それらと全く同じですので引用は記載しておりません。

 

 

これを覚えればリスク管理は完璧?

 

なんてことはちっとも言えないのですが、

おそらくこのアンダーソンの基準土肥変法を

ベースに作成されたのが

 

リハビリテーション医療における安全管理•推進のためのガイドライン

 

です。

 

これは一応ガイドラインですので、

順守して行うことはおかしなことではないです。

 

こちらは薄い書籍として出版されており、

病院においてあるという施設も

多いのではないかと思います。

 

しかし、

2006年の発行依頼現在に至るまで改訂がなされていない

のが問題です。

 

ガイドラインは

通常アップデートを重ねていくものですが、

どうやらエビデンスに欠けるため改訂が難しい

という話を聞いたことがあります。

 

ではまず、各事項を確認しましょう。

 

運動を行わないほうがよい場合

 1)安静時脈拍数120/分以上

 2)拡張期血圧120以上

 3)収縮期血圧200以上

 4)労作性狭心症を現在有するもの

 5)新鮮心筋梗塞1ヶ月以内のもの

 6)うっ血性心不全の所見の明らかなもの

 7)心房細動以外の著しい不整脈

 8)運動前すでに動悸、息切れのあるもの

 

途中で運動を中止する場合

1)運動中、中等度の呼吸困難、めまい、嘔気、狭心痛などが出現した場合

2)運動中、脈拍が140/分を越えた場合

3)運動中、1分間10個以上の期外収縮が出現するか、または頻脈性不整脈(心房細動、上室性または心室性頻脈な

  ど)あるいは徐脈が出現した場合

4)運動中、収縮期血圧40mmHg以上または拡張期血圧20mmHg以上上昇した場合

 

運動を一時中止し、回復を待って再開する

1)脈拍数が運動時の30%を超えた場合、ただし、2分間の安静で10%以下にもどらぬ場合は、以後の運動は中止す

  るかまたは極めて軽労作のものにきりかえる

2)脈拍数が120/分を越えた場合

3)1分間に10回以下の期外収縮が出現した場合

4)軽い動悸、息切れを訴えた場合

 

アンダーソンの基準土肥変法(リハビリテーション医療における安全管理•推進のためのガイドライン)活用について

これは完全に私の私見です、

一セラピストの意見として聞いてください。

 

これらの基準を守っていれば

安全にリハビリテーションが行えるかというと、

それは絶対に違います。

 

 

まず、学生さん。

 

学生さんは臨床経験が0です。

 

いわゆる経験則というのは皆無です。

 

そういう場合に拠り所となる指標であることは事実なので、

実習中や新人になりたての頃は参考にするとよいでしょう。

 

先輩によっては

 

「そんなの参考にしてもリハビリできないよ」

 

などというかもしれません。

 

そういう時はその先輩のリスク管理方法を聞きましょう。

 

特に何もなく、

経験則に頼ってなんとなくやっているような先輩なら

リスク管理の参考にはしないようにしましょう。

 

これらを一つの自分の判断指標として、

もっと様々なことに注意を払っていかないと

リスク管理とは言えません。

 

そもそも、

これらの指標を元にYes/Noを判断することをリスク管理

と思っている若手セラピストが多いのですが、

そもそもそこが違っていますので注意して下さい。

 

では、土肥変法にせよガイドラインにせよどう活用するのか?

 

何であれ有名な基準であること、

ガイドラインであることに間違いはありません。

 

それを順守して、

もしくは参考にしてリスク管理を行ったのか、

それとも勘と経験則に基づいて行ったのかでは

何かあった時のインパクトが全く違います。

 

つまり、

万が一理学療法中にトラブルがあり、

訴訟問題となった場合などを想定すると

活用しておくべきものであると考えます。

 

カルテに一文記載があるかないかで

自分のリスク管理の正当性、妥当性の証明になります。

リスク管理とは、自分の身も守るものなのです。

 

リスク管理については別ページで記事作成予定ですので、

そちらで学んで下さい。

 

まとめ

 

今回はリスク管理のお話でした。

 

アンダーソンの基準土肥変法

リハビリテーション医療における安全管理•推進のためのガイドライン

も同じですが、

完全に順守すればリスク管理ができると考えると大間違いです。

 

当たり前ですが、

患者さんには個別性があるので

ケースバイケースの対応が不可欠。

 

中にはこれらの基準に全くあてはまらない症例も多くいます。

 

あくまでも一つの基準としておさえておき、

よりしっかりとした病態把握と

フィジカルアセスメントで

より良いリスク管理を行いましょう。

 

 

質問はこちらまでお願いします。

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

 

学習コンテンツ毎週土曜日更新中!こちらの記事もお読みください

理学療法・作業療法|【シリーズ人工呼吸器】人工呼吸器って怖いですか?その①(リハビリ)

【リハビリ】心不全患者の初回介入時の評価ポイント

【心臓リハビリ】意外だけど最重要!見落としがちな心不全増悪因子(心リハ・評価)

理学療法 作業療法|水分制限が心不全増悪因子?(心臓リハビリ、心リハ)

 

【著者プロフィール】

真鍋 周志

急性期病院勤務理学療法士

専門は内部障害系理学療法

理学療法士が生涯学べる環境を作りたいと考えています。

ブログ:http://gigaantena.com/ptstudy/

FB:https://www.facebook.com/reha.internal/

 

#理学療法士 #作業療法士 #リハビリ #循環器 #循環器リハ #アンダーソンの基準 #リスク管理 #血圧

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-学習

Copyright© リハストリート , 2019 All Rights Reserved.