理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム

日中の眠気を覚ます方法はコーヒーでもガムでもなく○○です

投稿日:2019年12月19日 更新日:

仕事中に、

つい眠くなって

ウトウトしそうな瞬間

ってありませんか?

 

眠気が襲ってくるのは、

睡眠不足や睡眠の質の低下

が主な原因です。

 

忙しくてしっかりと眠る時間を

とれない生活を送っている場合に、

本記事では

「効果バツグンの眠気を覚ます方法」

をご紹介します。

 

厚生労働省の

「健康づくりのための睡眠指針 2014」

では、

日中眠くならない程度の

自然な睡眠時間をとって、

睡眠の質を高めることが重要

だともいわれています。

 

「健康づくりのための睡眠指針2014~睡眠12箇条~」

1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。

2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。

3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。

4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。

5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。

6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。

7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。

8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。

9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。

10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。

11.いつもと違う睡眠には、要注意。

12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

 

 

急に眠気が訪れるのはなぜ?

慢性的な睡眠不足に

陥っている人が多い

といわれる現代人。

 

眠気の原因としては、

主に以下の原因が

あげられます。

 

・寝不足

 

・疲れ

 

・酸素不足

 

・脳の温度が上がる

 

・食後、消化のために血流が胃に集中する

 

・低血糖

 

など

日中に眠気を感じる人は

多くいますが、

その中でも

食後がもっとも眠くなりやすい

のは、

食後に身体をリラックスさせる

副交感神経が優位になりやすい

ためです。

 

脳の休息には

睡眠が欠かせません。

 

睡眠不足で

夜に十分な睡眠時間がとれていない

脳の疲れがたまっていく

ため、

日中に眠気を感じやすく

なります。

 

十分な睡眠時間を

とっているにもかかわらず

日中眠気に襲われるのであれば、

睡眠の質が低下している可能性

があります。

 

眠気を覚ます4つの方法

①眠気覚ましのツボを押す

眠気を感じたら、

痛気持ちいいくらいの強さで

数秒間、ツボを押しましょう。

 

【中衝(ちゅうしょう)】

中指の爪の根元で、

人差し指側の

生え際の2mmほど下

にあります。

 

眠気覚ましの特効のツボ

です。

 

イライラする気分を

落ち着かせる効果

もあります。

 

【合谷(ごうこく)】

親指と人差し指の

付け根の間の、

骨が交差する部分のくぼみ

にあります。

 

眠気を抑え、

全身の血行を良くするツボ

です。

 

頭痛やめまい、

胃腸の不調にも効果

があります。

 

【労宮(ろうきゅう)】

手のひらのちょうど真ん中、

手を握ったときに

中指の先が当たる部分

にあります。

 

上半身の血行を良くし、

肩こりにも効果

があります。

 

 

②アロマオイルで脳に刺激を

レモンやユーカリ、

ジュニパーなどの香り

には、

神経を刺激し

眠気を覚ます効果が期待

できます。

 

ドラッグトアなどで

購入できる精製水と、

数滴のアロマオイルを

スプレーボトルに

混ぜて入れておき、

眠気を感じたときに

マスクなどに一吹き

しましょう。

 

 

③ストレッチで酸素を取り込む

ストレッチは

目を覚ますためには

とてもいい方法

です。

 

眠いと感じる要因の一つに

「酸欠状態」であること

があります。

 

体を動かすことで

自然と呼吸が深まります。

 

深呼吸と組み合わせると、

脳に酸素も回って

より効果的です。

 

支障のない範囲で

少しでも体を動かすと良い

でしょう。

 

体を少しひねってみたり、

足の指を擦り合わせるだけでも効果的

なのだそうです。

 

④ブドウ糖で脳に栄養を!

眠気に負けそうなときに

口に入れるなら

ガムよりもラムネがおすすめ

です。

 

眠くなる、

また別の原因として、

脳に必要なブドウ糖が不足している

こともあげられます。

 

ラムネは原材料の

90パーセントがブドウ糖

です。

 

脳に足りないブドウ糖を送り込み、

活性化させてくれます。

 

 

何よりも睡眠の質を高めることが最善の眠気予防法です

質の高い睡眠のためには、

睡眠を誘発するホルモン

「メラトニン」の分泌が重要

です。

 

メラトニンは、

セロトニンというホルモンから生成

されるため、

日中の活動時間帯に

いかにセロトニンを多く分泌

させるかが

睡眠の質を向上させるカギ

となります。

 

セロトニンを多く分泌させる

ためには、

 

【起床時に日光をとり入れる】

朝起きたときに

自然と日光が入ってくるよう

にしましょう。

 

【セロトニンの原料となるトリプトファンを摂取する】

乳製品や大豆製品、

魚類、ナッツ類などの

食材に豊富に含まれ

ています。

 

就寝環境は、

・明るさ(薄暗くものの形がうっすらとわかる程度)

 

・音(そよ風に揺れる木の葉の音や、静かに保たれている図書館ぐらいの音を流す)

 

・温湿度(布団の中の温度は33±1℃湿度は50%RH程度)

 

にも気をつけてみましょう。

 

まとめ

仕事のやる気がある無しに

かかわらずやってくるのが

「眠気」です。

 

眠気をコントロールして、

仕事のパフォーマンスアップ

にもつなげましょう。

 

また、

良い睡眠は良い仕事、

良い生活にもつながり

ます。

 

睡眠環境も整えて

睡眠の質を確保しながら、

急に襲ってくる眠気には

今回の対策でばっちり撃退しましょう!

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

#理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #リハビリ #仕事 #眠気 #眠気覚まし

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.