理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

コラム 転職・働き方

理学療法士・作業療法士の将来性は?|給料や働き方に不安なセラピストが多い?

投稿日:

医療・介護分野において、

今でも理学療法士・作業療法士といった

リハビリテーション職は人気の資格と言えるでしょう。

しかし、

現在働いている理学療法士・作業療法士の中には

リハビリ職の将来性に不安を抱いている

セラピストも少なくありません。

 

理学療法士・作業療法士の人数は増加傾向にある

理学療法士・作業療法士とは、

医療・介護業界でも注目度が高い

リハビリテーションの専門職であり、

国家資格でもあるため、

理学療法士・作業療法士を目指す人は少なくありません。

 

また、

それに伴い

リハビリ養成校の増加により、

理学療法士・作業療法士の数は

年々、増加傾向

となっています。

 

そして、

リハビリ職が爆発的に増えたことにより、

今、需要と供給のバランスが

崩れ始めていることも問題視

されています。

 

 

≪理学療法士・作業療法士の需要と供給の関連記事≫ 

理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)の「需給分科会による需給推計(案)≪需要と供給≫」からみる今後の見通し・予測(需要は?年収・給料は?)

 

理学療法士・作業療法士(PT・OT)の年収・給料、実際の収入は?

まずはこちらの2つの記事をご覧下さい

理学療法士の平均年収ってどれくらいか知ってる?

平均年収からみる作業療法士の気になる収入

上記記事をみると、

理学療法士・作業療法士ともに

給料に大きな差はありませんが、

昇給率が一般的なサラリーマンに比べ低いことが、

現役世代のセラピストにとって一番の懸念材料

と言えるでしょう。

 

また、

理学療法士・作業療法士といったリハビリ職は、

平均年齢が若いため(約33歳)、

他のコメディカルスタッフに比べると

平均年収が低く出やすいのです。

 

実際のところ、給料に関していえば、

「一人暮らしで食べていくには困ることがない水準」

と思ってもらった方が良いでしょう。

 

理学療法士・作業療法士の初任給・給料の相場は?

リハビリ職の初任給を「20歳~24歳」と「25歳~29歳」の平均年収から男女別で見ていきましょう。

 

《男性≫
20歳~24歳  3,623,700円
25歳~29歳  3,954,900円

 

《女性≫
20歳~24歳  3,242,900円
25歳~29歳  3,856,300円

 

上記のようになっております。

 

平成28年度の大卒初任給平均給与が20.5万円(厚生労働省調べ)であることを考えると、決して低くはない金額ではないでしょうか?

 

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の需要は間違いなくある

病院や福祉施設は、

福利厚生面といった待遇も

比較的充実している職場が多い

です。

 

さらに、

団塊の世代が高齢者となる

「2025年問題」に向けて

介護分野でのリハビリセラピストの

活躍も期待されている

のは間違いないでしょう。

 

理学療法士・作業療法士は給与面以外の待遇も考慮するべき

就職・転職では

給料・年収に目がいきがちですが、

日々勉強し知識と経験を備えて

いかなければならないため、

研修費の助成などが充実している職場に注目する

のも一つの選択肢です。

 

研修・セミナーへの参加費に加え

交通費や宿泊代など、

リハビリ職として成長する

ことも考えると、

それなりの出費が必要であることも

念頭に置く必要があります。

 

長い目で見て、

自身のキャリアアップに繋がりやすく、

自分が学びたい専門分野の技術が

学べる職場を選ぶことも重要

と言えるでしょう。

 

今後、理学療法士・作業療法に求められるものは?

少子高齢化社会とともに

日本における社会保障制度も年々変化し、

医療保険介護保険ともに

診療報酬は毎回、改定

されています。

 

爆発的に理学療法士作業療法士

増えたこともあり、

中には個人レベルでの

セラピストの質の低下も叫ばれており、

需要と供給のバランスの崩れと重なり

リハビリの診療報酬は年々、削減傾向

となっております。

 

理学療法士作業療法士といった

資格の希少価値はなく、

これからは理学療法士・作業療法士レベルでなく、

各々が自己研鑽し自身の価値を

高めなければいけない時代となる

でしょう。

 

各個人が専門性を高め、

理学療法士作業療法士としての

質を担保するのは当然のこととして、

その上で各セラピストが

チャレンジ精神を持ち挑戦し続けることが、

社会貢献に繋がります。

 

患者さん、利用者さんのために努力を惜しまず、

日々知識を増やそうと前向きに

取り組んできたセラピストに加え、

組織やチームのマネジメント・管理能力を

高めてきたセラピストにとっても、

今は大きなチャンス

と言えます。

 

超急性期から、

回復期、維持期、訪問やスポーツ分野、

さらには自費や起業など幅広い分野で

専門性を生かせる場が広がっているのは

間違いありません。

 

また、

自己研鑽の一環として、

他職種の資格取得を考えるのも

選択肢の一つです。

 

他職種の理解を深めるため

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を取得したり、

3学会合同呼吸療法認定士、

心臓リハビリテーション指導士、

福祉住環境コーディネーターといった資格の

専門知識の習得を目指すことで、

リハビリ職としての自身の可能性

より広げられることになるでしょう。

 

【まとめ】理学療法士・作業療法士の今後や将来性は?

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士といった

リハビリテーション職を取り巻く環境は

年々変化しており、

診療報酬、介護報酬の改定などにより

年収や給料といった収入面で影響を受けやすい

のは事実です。

 

しかし、

自身の専門性を見出し、

日々自己研鑽を惜しまず

治療技術・スキルを磨いていくことで、

セラピストとして

活躍できる分野の拡大やキャリアアップ

に間違いなく繋がっていきます。

 

まずは、

将来を悲観する前に、

 

「自身を磨いていく」

 

「キャリアアップするためにどのように動くか?」

 

を考えて行動されてみてはいかがでしょうか?

 

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

#理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚 #リハビリテーション #将来性 #不安 #収入 #給料 #診療報酬

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-コラム, 転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.