理学療法士、作業療法士向けの情報サイトです。働き方や転職、また誰にも聞けない給料事情などをピックアップしています。

リハストリート

給料 転職・働き方

30代が転機?理学療法士・作業療法士の年収・収入はどのように推移するのか?キャリアは?

投稿日:


「安定した収入が得られる」というイメージが強い理学療法士・作業療法士ですが、昨今では「リハビリ職の給与全体が低い傾向にある」とも言われています。

 

実際、年齢によってリハビリ職の収入は「どのように推移していく」のでしょうか?

 

理学療法士・作業療法士の一般的な平均年収は?

まず、

「一般的な理学療法士・作業療法士の平均年収は?」というと、

471万円

と言われています。

 

理学療法士・作業療法士(リハビリ職)の初年度年収は平均〇〇〇万円程度

次に理学療法士・作業療法士の初任給ですが、

施設の種類や地域格差などにより多少の変動がありますが、

初年度の平均年収は、

280万円

程度のようです。

 

少し低めに感じますね・・・

 

気になる20代、30代のリハビリ職の平均年収は?

それでは、いよいよ気になる20代、30代の平均年収を見ていきましょう!

 

まずはリハビリ職20代の平均年収は・・・

【20歳~24歳】 

平均月額給与:22.7万円 

平均年収:332.6万円~362.6万円

 

【25歳~29歳】

平均月額給与:27.0万円 

平均年収:381.8万円~431.8万円

20代の平均年収は上記の様になっております。

 

そして30代の平均年収は・・・

【30歳~34歳】

平均月額給与:30.3万円 

平均年収:385.1万円~485.1万円

 

【35歳~39歳】

平均月額給与:34.0万円 

平均年収:439.3万円~543.3万円

と上記の様になっております。

 

やはり30代になると平均年収も大幅に上がってますね。

 

ですが・・・

「40代以降は収入が大きく増えないのが理学療法士・作業療法士の特徴」

と言われています 。

 

やはり、

「年収・収入が大幅にアップする30代で確実なキャリアを積むことが、今後は理学療法士・作業療法士でも必要となってくる」

ことでしょう。

 

理学療法士・作業療法士が収入アップするためのキャリア構築法は?

「PT・OTとして専門性を持つこと」

自分の専門性を持つことで転職時に有利に働く可能性があります。

理学療法士・作業療法士ともに「認定制度」や「専門制度」の資格もありますが、取得した資格をどの様に活かしアピールしていくか?

が重要となってきます。

 

「リハビリの知識・技術に加え≪管理・運営・組織マネジメント≫を学ぶ」

リハビリ職は「白衣を着た土方」と言われるほどの肉体労働です。

年齢を重ねれば重ねるほど、臨床の業務だけでは身体的に限界が来ることが多いです。

そのため、早くから企業・施設のマネジメント業務に関われるよう模索するのも1つの選択肢となります。

その場合、経理や経営、組織マネジメントなどリハビリで学んだこととは異なる分野の勉強・研鑽が必要となります。

 

【まとめ】理学療法士・作業療法士のキャリアは〇〇で決まります!

いかがでしたか?

他の医療系資格職と比較すると、

必ずしも高収入とはいえないかもしれませんが、

リハビリ職は仕事のやりがいを感じられる仕事です。

 

少子高齢化社会の到来によって、医療・福祉(主に福祉・介護分野)の現場でリハビリテーション職が求められています。

 

しかし、活躍の場は広いですが、

「将来的にはリハビリテーション職は飽和する」

と予測されています。

 

さらに、

これはリハビリテーション職に限らず、

「自身のキャリアは30代中盤までに決まる!」

とも言われています。

 

早い段階から、

 

「どのようなセラピストになりたいのか? 」

 

「どのようなキャリアを積んでいきたいのか?」

 

を考えていきながら、

行動していく必要がありそうです。

 

今回の記事を参考に、

今後の動き方・働き方について、

改めて考えてみてはいかがでしょうか?

 

≪リハスト公式質問箱≫

日々の臨床や仕事での悩みを受け付けています。

些細なことでも、どんどん質問して下さいね!

#理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #リハビリ #キャリア #30代 #収入

よく読まれている記事

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

-給料, 転職・働き方

Copyright© リハストリート , 2020 All Rights Reserved.